バリアフリーな食品って? アレルゲンフリー&オーガニックのクラッカー

バリアフリーな食品って? アレルゲンフリー&オーガニックのクラッカー

  • OVO
  • 更新日:2019/02/12
No image

バリアフリーとは通常、施設や建物のことをいうが、亀田製菓(新潟市)の「リアルクラッカー」はバリアフリーな食べ物らしい。同社は、100%子会社のMary’s Gone Crackers(メアリーズゴーンクラッカーズ・アメリカ)と共同開発した、ナチュラルクラッカー「リアルクラッカーシーソルト」と「リアルクラッカーガーリックローズマリー」のテスト販売を2月18日(月)から開始する。

【写真】関連情報を含む記事はこちら

リアルクラッカーは、オールオーガニック(有機原材料を使用)・ホールグレイン(全粒穀物使用)・アレルゲンフリー(特定原材料の27品目を不使用)な食品。有機玄米と有機素材を皮ごとホールグレインで使用し、有機チアシードなどを練り込んで香ばしく焼き上げている。有機・ヴィーガン・グルテンフリー認証を取得。誰でも安心して食べることができる“バリアフリー”なクラッカーだ。都内一部店舗とAmazonでの販売で、ノンプリントプライス(参考小売価格は税別498円前後)。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

新製品カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
カルディから『猫の日』にちなんだ商品が続々登場!
見た目、味わいともに“クイーン級”!?日本橋「千疋屋総本店」の希少ないちごのショートケーキ【ショートケーキ図鑑】
カフェインなどを気化して「吸うエナジードリンク」が日本上陸、ニコチン・カロリーゼロで安心安全
激レア:ポテトチップスでチョコをサンドした「グランクリスプ」が期間限定発売! 阪急うめだ本店でしか買えないよ
セブンに桜香漂いファミマカカオ薫る、かぐわしのランキング!:今週のコンビニスイーツランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加