車の運転めぐりトラブル 逮捕の男性を不起訴処分に

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/10/11

車の運転を巡ってトラブルになった男性に大けがをさせたとして逮捕された会社員の男性について、東京地検は11日に不起訴処分としました。

会社員の男性(28)は今年6月、東京・大田区で車の運転を巡り、トラブルになった男性を路上に押し倒したうえ、殴るなどの暴行を加えて、肋骨(ろっこつ)を折るなど全治約2カ月の重傷を負わせた疑いで逮捕されました。東京地検は11日、男性について不起訴処分としました。「諸般の事情を考慮した」としていて起訴猶予とみられます。警視庁の取り調べに対し、男性は「危険な運転をして文句を言われたので腹が立った」などと容疑を認めていました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
厚労省“ブラック企業リスト”にヤマト運輸が追加 計476社に
「いじめの原因はいじめられる側にある」という理由は? いじめの“原因”と“責任”を分けて考える4コママンガが考えさせられる
【報ステ】追い越し車線で取っ組み合い...はねられる
市役所に「鯉係」も 郡山が鯉の普及に躍起になる理由
仕事中にも! 恐ろしすぎる「レイプ・ドラッグ」の罠
  • このエントリーをはてなブックマークに追加