2年ぶりVへソフトバンク、七回にデスパイネ弾&東浜は6回1失点9K

2年ぶりVへソフトバンク、七回にデスパイネ弾&東浜は6回1失点9K

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/09/16

(パ・リーグ、西武-ソフトバンク、22回戦、16日、メットライフ)優勝へのマジックナンバーを「1」としているソフトバンクが5点リードの七回、5番・デスパイネがバックスクリーンに運ぶ33号ソロを放ち突き放した。ソフトバンクが七回を終え7-1でリードしている。

西武は二回、先頭の4番・山川が左翼席中段に17号ソロを放ち、先制。ソフトバンクも四回、一死一塁で柳田が左翼席に運ぶ30号2ランで逆転した。

ソフトバンクは1点をリードする五回、先頭・高田の右前打と犠打で一死二塁とし、2番・今宮が左前に運ぶ適時打を放ち追加点。なおも一死一、三塁から4番・柳田が右翼線を破る適時二塁打で差を広げ、西武先発の野上をKOした。さらに2番手・平井から5番・デスパイネが右前2点打を放った。

ソフトバンクの先発は東浜。二回に先制を許したものの、五回には中村、坂田、外崎から3者連続三振。六回には一死一、三塁のピンチを招いたが、後続を断った。東浜は6回を投げ2安打1失点9奪三振の好投。七回に救援陣にマウンドを譲った。

ソフトバンクは勝ちか引き分けで2年ぶり18度目のリーグ優勝が決まる。9月16日にリーグ優勝が決定すれば、2015年9月17日に優勝した自軍を上回るパ・リーグ最速記録。

No image

5回、適時打を放つソフトバンク・今宮=メットライフドーム(撮影・村本聡)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ハム大谷V弾、DeNA大勝/23日プロ野球まとめ
阪神今岡コーチ退団が確実 ロッテ2軍監督要請へ
阪神・横田慎太郎「22歳で脳腫瘍と宣告されて」
ロッテ井口「ありがたい、光栄」監督就任に前向き
多摩大目黒vs駒場学園
高校野球ドットコム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加