スピードアップ賞に中日バルデス、西武牧田ら

スピードアップ賞に中日バルデス、西武牧田ら

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/10/13
No image

中日バルデス(17年8月撮影)

日本野球機構(NPB)は13日、「ローソンチケット スピードアップ賞」の受賞者を発表した。

【投手部門】=レギュラーシーズンにおいて最も平均投球間隔(無走者時)が短かった投手

◆セ・リーグ 中日ラウル・バルデス投手 9・1秒

◆パ・リーグ 西武牧田和久投手 7・5秒

【打者部門】=レギュラーシーズンにおいて最も相手投手の平均投球間隔(無走者時)が短かった打者

◆セ・リーグ 中日京田陽太内野手 11・4秒

◆パ・リーグ 西武源田壮亮内野手 12・4秒

【チーム表彰】=レギュラーシーズンにおいて最も平均試合時間(9回試合のみ)が短かったチーム

◆セ・リーグ 巨人 2時間59分

◆パ・リーグ 西武 3時間3分

2年連続で受賞した中日バルデス、西武牧田は、ともに賞金が50万円から100万円にアップし、来シーズン以降はスピードアップ賞の対象選手から外れる。

中日京田、西武源田は賞金50万円、巨人、西武には賞金100万円が贈られる。

セ・パ投手の上位5人は以下の通り。

◆セ・リーグ

1位 中日バルデス 9・1秒

2位 ヤクルト・ブキャナン・9・9秒

3位 DeNAウィーランド 9・9秒

4位 巨人田口 10・1秒

5位 巨人マイコラス 10・1秒

◆パ・リーグ

1位 西武牧田 7・5秒

2位 オリックス松葉 10・5秒

3位 日本ハム加藤 11・2秒

4位 オリックス・ディクソン 11・3秒

5位 ロッテ唐川 11・4秒

※投手の対象選手は、投球イニングが先発は120回以上、救援は50回以上。打者は規定打席をクリアした選手

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ソフトバンク・千賀 嶋への1球を反省も「ヤンキースのこともある」次の登板信じる
ソフトBモイネロ×ヤフオク×楽天は防御率0.00
「残って」阪神・金本監督、FA大和の残留切望 球団は複数年契約など提示
巨人・原前監督「今後に生かしなさい」戦力外村田から電話あった
田中英 争奪戦!戦力外でも京大卒はスゴい ロッテ球団、ロッテ本社に阪神球団まで
  • このエントリーをはてなブックマークに追加