墜落事故で76人死亡 当局は「6人救出」

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/11/30

南米・コロンビアのメデジン近郊で28日、ブラジルのサッカー選手など81人が乗ったチャーター機が墜落し、現地メディアによると、76人が死亡した。

墜落したのは、ブラジル1部リーグのクラブ「シャペコエンセ」の選手など乗客・乗員81人を乗せ、ボリビアからコロンビアのメデジンに向かっていたチャーター機。コロンビアの航空当局によると、チャーター機には選手やチーム関係者、報道陣が乗っていたということで、搭乗者名簿にはサッカーJ1「ヴィッセル神戸」のカイオ・ジュニオール元監督らの名前が記載されている。また、当局はこれまでに6人が救出されたと明らかにした。一方、地元メディアは76人が死亡したと伝えていて、情報は錯綜している。

チャーター機から電気系統の不具合を知らせる緊急の連絡があった後、交信が途絶えたという。「シャペコエンセ」の選手らは、南米の強豪クラブが出場するサッカーの国際大会「コパ・スダメリカーナ」の決勝戦に出るために、コロンビアに向かっていたという。

動画の再生はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
エース、ドラクスラーの“背信行為”に揺れ動くヴォルフスブルク
レアルFWモラタがマジックショーでプロポーズ成功
墜落事故のシャペコエンセ、新監督は呂比須の元同僚...96年に日本でプレー
欧州蹴球4コマ漫画 Vol.18「アグエロとD・ルイスが“場外バトル”でも騙し合い」
ローマサポーター、飛行機事故への黙とう中に心無い行為。「国際的な恥」と非難
  • このエントリーをはてなブックマークに追加