マキシマムザ亮君「根本的な治療が難しい病気」の可能性

マキシマムザ亮君「根本的な治療が難しい病気」の可能性

  • ナリナリドットコム
  • 更新日:2019/11/10

ロックバンド・マキシマム ザ ホルモンは11月10日、ギタリストのマキシマムザ亮君が「根本的な治療が難しい病気である可能性」があることを公表。出演予定だった6公演への出演を見合わせると発表した。

No image

その他の大きな画像はこちら

公式Twitterなどに掲載された「マキシマム ザ ホルモン ライブ出演見合わせについてのお知らせ」では、「先日の東北ツアーのキャンセル以降、マキシマムザ亮君の体調の回復を待っておりましたが、日常生活は可能なものの、根本的な治療が難しい病気である可能性があるとの医師の所見を踏まえ、現時点で激しいライブを実施するのは難しいと判断」したと説明。

そのため、マキシマム ザ ホルモンが11月17日、19日、24日、12月1日、21日、29日と、年内に出演予定だった6公演について、すべて出演を見合わせるという。マキシマム ザ ホルモンは11月4日に石巻、6日に大船渡、8日に宮古で予定していた「令和上原組直系太会〜東北ライブハウス大作戦ツアー〜」について、マキシマムザ亮君の体調不良のため出演を見合わせていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
VALSHE、“希望と絶望”がキーワードの新曲MVで殺陣に初挑戦
vivid undress、かとうみさと監督による「コンキスタドールの現実闘争」MV公開
CIX、初の日本語曲「My New World」MVに“光と影”
SixTONES 単独FC発足、来春アリーナツアーも
イラストレーター・おはぎ氏、31.5型ペンタブ「Wacom Cintiq Pro 32」で美麗ライブペイント!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加