ASKA容疑者タクシー映像、国交省が「誠に遺憾」

ASKA容疑者タクシー映像、国交省が「誠に遺憾」

  • ITmedia ビジネスオンライン
  • 更新日:2016/12/02
No image

覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕された歌手のASKA容疑者がタクシーに乗車した際の動画を、タクシー会社がテレビ局に提供した問題で、国土交通省は12月1日、「誠に遺憾」として、映像を適切に管理するよう関係団体に通知した。

国交省の通知

この問題では、ASKA容疑者が逮捕直前に乗っていたタクシーのドライブレコーダーの映像がテレビで放映され、このタクシー会社が加盟する東京のタクシーグループ大手「チェッカーキャブ」が、映像の提供は不適切だったとして謝罪していた。

国交省は、安全確保のために活用されるべきドライブレコーダーの映像が「趣旨に反し乗客のプライバシーに配慮することなく、マスコミに映像を提供するという行為が行われたことは、誠に遺憾」とした。

ドライブレコーダーの映像については、乗客のプライバシーを十分に配慮した上で、社内規程の作成を含め適切な管理を徹底するよう求めている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大学ブランドランキング九州編、1位の九州大学に続いたのは?
狂乱のASKA逮捕劇! その裏で、NHKクルーが怪しげな行動......「一目散に現場を離れていった」
週刊文春のユニクロ潜入取材レポが「ガチ」と話題に ユニクロから訴えられたジャーナリストが改名してバイトしてみた
国公立大学で増えるAO入試枠 変革迫られる入試
電通、ドンキ、佐川、仁和寺・・・「ブラック企業大賞」ノミネート10社発表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加