南極の海底で発見されたクリーチャーの姿が...地球の生物とは思えないレベル

南極の海底で発見されたクリーチャーの姿が...地球の生物とは思えないレベル

  • らばQ
  • 更新日:2018/01/13
No image

南極の深海には、およそこの世のものとは思えない、色も形も奇妙なスケールワームが生息しているとのこと。

南極の海底で発見された、驚くべき生物の姿をご覧ください。

[この記事のすべての動画・画像を見る]

Antarctic Scale Worm

No image

こ、これが地球上の生き物!?

エイリアンのような恐ろしい体に、金色のブラシのようなキラキラの体毛。

恐ろしくもあり、美しくもある……。

その正体は「エウラギシカ・ギガンティア」というウロコムシ科の一種で、南極の海底500mに生息し、サイズは20cmほど。
(Eulagisca gigantea - Wikipedia)

アメリカのスミソニアン博物館で標本を見ることができるそうです。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●このワームは幼虫の状態で、もっと大きくなる。

●人間の2倍の速度で泳ぐけど、めったに動くことはなくほとんど休眠状態である。

●これを見て、地球温暖化対策を全力でやらなきゃいけないと確信した。

●場合によっては、生物が絶滅してもまったく問題ない。これはその代表例だ。

●顔の部分。

No image

●エイリアンは実在した。

↑こういうことか。

No image

●我々の子孫は、火炎放射器とショットガンでこいつらと戦うことになるんだ。

●釣りのルアーみたい。

●これは本当に現実にいる生き物なんだな……。気分が劇的に変化した。

↑少なくとも南極を避けるのは簡単だ。

●いいペットになるんだろうか。

●これはうちの羽ぼうきではない……。

●質問がある。

その光ってる部分は針のようになってる? もしそうなら毒性はある?

そうでないなら柔らかい? 口を避けて撫でたりできる?

(追記)自分で調べてみたが、そのゴールドは剛毛で移動や防御に使われている。頭は引っ込められる咽頭で、食べるときにエイリアンのような2つ目の頭が飛び出してくる。

↑情報をありがとう。

↑じゃあ光ってるところは触ってはいけないんだな。残念。

危険を感じるとこの目立つうろこを外して“おとり”にするとのことですが、まだ生態について判明していることは少ないとのことです。

【南極の海底で発見されたクリーチャーの姿が…地球の生物とは思えないレベル】を全て見る

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【実話】父の「トイレクイックル」の使い方が大間違いだった話
「トイレに入ったら “ウンコよりヒドい物” が便器に残されてました」って画像
8万円以上する「水沢ダウン」買ってよかった
「今夜どう?」のお誘い。夫婦だけのヒミツのサインを作ってます
“一番最初に何が見えたか”でわかる「恐い心理テスト」がスゴすぎる! 死、病気、裏切り... あなたが無意識に恐れていることがズバリ判明!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加