総面積515平米、ロレックスの旗艦店が11月、銀座にオープン!

総面積515平米、ロレックスの旗艦店が11月、銀座にオープン!

  • SPUR
  • 更新日:2017/10/12
No image

SPUR Eye
落ち着いた店内には、フルラインが勢揃い。アフターサービス専用カウンターのきめ細やかなサービスもうれしい。

2002年に銀座7丁目にオープンして以来、ロレックスのフラッグシップショップとして多くのゲストを迎えてきたレキシアが、銀座並木通り6丁目に移転。2017年11月15日(水)ROLEX(ロレックス)が「ロレックス ブティック レキシア 銀座並木通り本店」をオープンする。

国内最大となるブティックは2フロアで構成され、総面積はなんと515平米。素材、ダイアル、ブレスレットの組み合わせによる豊富なバリエーションを取り揃え、ロレックスのフルラインナップ、約1000本もの品揃えを誇る。

No image

「ロレックス ブティック レキシア 銀座並木通り本店」内観 Photo courtesy of brand

店内はスイス本社監修による最新のインテリアを導入。ベージュを基調とした、洗練されたラグジュアリーな空間のなか、寛いだ気分でショッピングを楽しむことができる。

また、ブティック2階にはアフターサービス専用のカウンターを併設。幅広い知識を持つ専門のスタッフが時計の使用方法からお手入れの仕方、オーバーホールなど、さまざまな相談にのってくれる。ゆったりとした気分に包まれて、自分にぴったりの一本を探す。そんな至福の時間を堪能して。

No image

「パールマスター39」(K18エバーローズゴールド 自動巻き)¥6,609,600

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
美人よりも!? 「ちょいブスのほうがエッチで興奮する」男の本音4つ
【 アフォーダブルな秋服】服好きがすすめる“お値打ちアイテム” Vol.2
日本に自由に出入りする「北朝鮮工作員」驚くべき実態
壮絶すぎる...江戸時代の出産が超命がけ。恐るべし江戸時代の母ちゃん!
今年のノーベル賞が“指摘した”日本政府の無能ぶり
  • このエントリーをはてなブックマークに追加