蓮舫氏&辻元氏 ツイン砲演説...ハグ、腕組み「バッシングの1位2位」

蓮舫氏&辻元氏 ツイン砲演説...ハグ、腕組み「バッシングの1位2位」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/10/13
No image

街頭演説を行った蓮舫氏(左)と辻元清美氏=大阪府内

民進党の蓮舫前代表(49)が13日、同党を離党し立憲民主党に加わった辻元清美氏(57)と大阪府内で演説を行った。

辻元氏の演説中、駅前会場に現れた蓮舫氏は、辻元氏に走り寄って2人で抱き合い、腕を組んだ。「女の友情です」と、ツイン砲で演説を開始した。

蓮舫氏はマイクを持つと聴衆の輪に向けて「せっかくなんでもう少し近くに来てください。遠めになると、私と辻元、やっぱり怖いのかなと。そういうイメージが映像で映ってはいけません」と笑わせた。

聴衆とは至近距離になる演説で、蓮舫氏は「この選挙戦に突入し、信頼できるのは誰かということも見えた。蓮舫は信頼できる人だけを応援する。その代表が辻元清美さんです。国会で自分の持論を曲げることなく戦ってきた仲間です」と声を張りあげた。

「われわれは普段、女性であることをそんなに意識してない。でも残念ながらあの世界は本当に男社会がこびりついている」と批判し「あらがいても、折れそうな時も実はあります。この辻元をもってしても本当につらい時を私は見ている。その弱音を言える場所を私たちは国会に見いださない」と唱えた。

安倍政権に対して「強ければ、数があれば何をやってもいいんでしょうか。民主主義をはき違えている。森友・加計学園の問題も、スキャンダルではない。古い古い古い自民党の政治のお家芸だ。国民をバカにしている。いかがでしょうか!」と批判した。

そのうえで「これからも辻元と蓮舫は仕事をさせていただきたい。目を見るだけでお互いの気持ちが分かる仲間。辻元さんと一緒に政治の世界で大きなガラスの天井を壊す」と訴えた。

辻元氏も「2人は戦友です。女同士、励ましながら歩んできました」とし「国会で激しい質疑もしましたが、辻元と蓮舫さんは、バッシングされるナンバー1とナンバー2くらい。インターネット見てください。辻元と蓮舫はどんなに恐ろしい女かということを言われております」と述べた。

そのうえで「蓮舫、辻元が日本の代表的な女性議員だと言われるように2人で力を合わせて頑張っていきたいんです」と訴えた。

終了後は2人で聴衆の中に飛び込んで握手を交わしていた。

辻元氏が立候補している衆院大阪10区は、ほかに大隈和英氏(48=自民)、松浪健太氏(46=維新)が立候補している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
2048年からやってきた「タイムトラベラー」が逮捕
エスカレーターの車いす転落 後ろにいた女性が死亡
名門陸上競技部の男 女子寮に“忍び込み下着ドロ”
JR宇都宮線いまだ全面復旧せず 運行減で混乱続く
清水良太郎容疑者を通報した風俗嬢が“キメセク強要”を告白
  • このエントリーをはてなブックマークに追加