お部屋を常にきれいにするには?整理しやすい環境を整える方法をリサーチしました☆

お部屋を常にきれいにするには?整理しやすい環境を整える方法をリサーチしました☆

  • folk
  • 更新日:2019/08/25

おしゃれなインテリアにしても、それをキープするのはなかなか難しいもの。とはいえ、お気に入りの空間を乱雑にしないためにも、日常的に意識すべき点やある程度の工夫を凝らす必要があります。そこでこの記事では、きれいなお部屋をキープする方法と題して、整理しやすい環境を整える方法などをまとめていきます。

モノの数を減らす

せっかくのお気に入りの空間にしても、モノが増えてしまうとどうしても乱雑な環境になりやすいですよね。そこで、できるだけモノを増やさないように意識するのが、整理しやすい環境作りの第一歩です。

こうすることで、モノが増えないのと余計なお金を使わず節約にもなるメリットがあります。購入を考える際は本当に必要なのかをじっくり考え、日ごろからモノを大切に扱って長持ちさせることを意識しましょう。

アイテムごとに収納場所を決める

モノを整理しやすくするためにも、収納の基本をしっかり踏まえておきましょう。種類ごとにモノの収納場所を決めることで、出し入れがしやすくなる分整理がしやすい環境にもなります。モノが増えやすいキッチンは、アイテムごとにきっちり収納場所を決めておきましょう。乱雑になりにくくなり、快適なキッチンを目指しやすくなります。

よく使うアイテムは身近な場所に収納

整理しやすい環境を整えるためにも、よく使うアイテムは身近な場所に収納して取り出しやすくしておきましょう。使う頻度に合わせて分かりやすい場所に収納したり、目に見える場所を選ぶのも一つ。

小物などはボックスで分けて収納することで、すっきりした空間の演出にもなります。また収納ボックスなどは同じ色で統一させることで、よりすっきりさせることも可能です。

見せる収納でインテリアを兼ねる

自分の持ち物の中でお気に入りのアイテムは誰だって持っています。そんなお気に入りのアイテムは、見せる収納にしてインテリアの一部にしてみるのもおすすめ。こうすることで気軽にアイテムを出し入れでき、且つ整理がしやすい環境に整いやすくなります。

小物などのお気に入りアイテムは、ワゴンなどを用いて見せる収納にしてみるのも一つ。一気に機能的になり、且つおしゃれな風格もアップします。

小物はボックスで収納

整理しやすい空間にするためにも、アイテムごとの収納はマスト。このため収納場所に合わせてボックスを活用して、整理整頓を効率的に行うようにします。

中身が分かりにくくなるので、タグやステッカーなどを用いて収納アイテムを記入しておくとモノを探す手間を省けます。タグやステッカーでおしゃれな収納にもなるので、積極的に活用していきましょう。

まとめ

モノが増えてくるとどうしても収納ががさつになって、乱雑な空間になりがち。常にきれいなお部屋にするためにも、モノを増やさずに整理しやすい環境を整えることが大切です。日常的な生活で意識することできれいな空間のキープがしやすくなるので、ぜひ実践していきましょう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
人気ユーチューバー、収入をグラフ化し公開 「まさかの金額」に驚愕
小泉進次郎、滝川クリステルとのデキ婚で多くのものを失い、後援者からは失意の声も......
障害者を狙った非モテ中年男の“卑劣わいせつ行為”
潰れたネジを回せて、新しいネジも潰さないように回せるドライバー
痛み止めの安易な服用はなぜダメ?:ロキソニンなどNSAIDsの副作用について
  • このエントリーをはてなブックマークに追加