阪神・矢野2軍監督に聞く2 ブルペンでは「気持ち悪く」投げろ

阪神・矢野2軍監督に聞く2 ブルペンでは「気持ち悪く」投げろ

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/12

――1軍作戦兼バッテリーコーチを2年間経験した。

No image

阪神の矢野2軍監督

「すごく勉強になった。金本監督がどういう野球をしたいとか、こういう時はこういうふうにしてほしいんやな、とか。コーチ業って、自分ではもっとできると思っていた。でも1年目なんか正直、こんなにできへんのやな、オレ何ができるんかなとばかり思っていた。周りのコーチの経験値が高くて高代さんとか平田さん、何年もやっているから気付きが早い。オレが思った時にはもう選手に伝えているとか、周りの監督、コーチとかを見て勉強になった。自分は全然そういうことができていないな、と。2年目はちょっとは変われたかなとは思うけど。2軍監督をやらせてもらうけれど、この2年は大きかった」

――1軍で通用する選手を育てる。

「1軍の試合で通用しないパターンはある。投手だとストライクが続いたら打たれる。ストライク、ボール、ストライク、ボールとかはあまり打たれない。打たれる投手は偏っている。ストライクが入りだしたら続くし、ボールになりだしたらボールが続く。良い投手は、ストライク取ったら際どいところを見せたり、誘ったりしながら抑えていく」

――(続けて…)

「1軍で良いパフォーマンスを出すための練習が必要。投手だったらクイックは1秒25は切らないと。でもブルペンではその練習はあまりしない。気持ちよく投げるのではなく、気持ち悪く投げてほしい。ほとんどの投手が自分のフォームを固めてから1秒25に近づけていくクイックに取り組むが、逆の発想で1秒25を切っても良いボールを投げられるフォームを固めていってほしい」

――ブルペンでは良い球を投げるのに、試合で通用しないのはそういう理由か。

「そのやり方の方が近いと思っている」

――けん制もクイックもフィールディングも、良い球を投げること以外にも学ぶことがたくさんある。それができないと1軍で勝てない。

「結局、下から上に上がっても足りないことが多い。クイックできない、球のキレが落ちるではダメ。投球パターンのモーションが一緒で盗まれる…ではやはりね。そういうのもブルペンのときから気持ち悪くね、取り組ませたい」

――ファームでしっかりと学んでから1軍へ。

「鳴尾浜できちんとできていないと、甲子園では絶対に焦る。クイックもやっていない。1軍の打者はレベルが高い。足の速い選手も多い…となれば、いつもの気持ち良い投球はできない。その辺りをオレらが意識付けしていかないといけない。良い投手はできている。下柳にしても、昔の星野伸之さんにしても、例えば左投手で三盗されやすいから首の動きを余計に動かしたり、普段からいろいろと取り組んでいた。カーブでも腕を振ったり、または抜いたりとか。勝てる人は“練習”と“試合”の差がない」 (聞き手・畑野 理之)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
阪神・金本監督、「30発100打点」打てる助っ人頼みます!
阪神新社長が金本監督との緊急会談を要請、「酒席議論」で敗因のなすり合いか
阪神・秋山、「眼力アップトレ」で来季も視界良好
松崎しげる 西武球団歌「地平を駈ける獅子を見た」40周年バージョン初生披露
約半年のトレーニングで、だーりおが変わった4つのこと!【#モアチャレ 内田理央の「キックボクシング」チャレンジ!】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加