日本は3位!ボルトは負傷、バトン受け取り直後にレーンに突っ伏す

日本は3位!ボルトは負傷、バトン受け取り直後にレーンに突っ伏す

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/16
No image

男子400メートルリレー決勝 力走する(左から)1走の多田、2走の飯塚、3走の桐生、アンカーの藤光=ロンドン(共同)

「陸上・世界選手権」(12日、ロンドン競技場)

男子400メートルリレー決勝が行われ、日本は38秒04で3位(多田修平、飯塚翔太、桐生祥秀、藤光謙司)で、今大会初のメダルに輝いた。

1組3位で予選を通過した日本は、メンバーを入れ替えケンブリッジ飛鳥に代わり、藤光が入った。

ジャマイカの最終走者のウサイン・ボルトは、バトンを受け取って数歩のところで、足を負傷。左もも裏のアクシデントと見られ、その場で突っ伏し顔を覆い、最後まで走りきることはできなかった。

優勝は37秒47でイギリス、2位は37秒52でアメリカ。ジャマイカはボルトの棄権で5連覇を逃した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
メキシコ初得点の本田が豪州戦へ意気込み。「危機感はある。楽観視していない」
[全中]189cmGKが奮闘、好セーブにスタンド感嘆...ヒル袈依廉「世界で通用するGKに」
【豪州戦のスタメン予想】注目はトップ下を含む前の4人。杉本にチャンスがあるとすれば...
【鈴木大輔×岩政大樹#4】日本代表への想いを告白。ともに2部でプレーした柴崎岳の評判は?
内田が入団会見 代表復帰に意欲も「まずはチームのために」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加