彼氏もワタシも気になる!? デリケートゾーンの脱毛方法と注意点

彼氏もワタシも気になる!? デリケートゾーンの脱毛方法と注意点

  • nanapi
  • 更新日:2016/10/18
No image

腕や足や背中などと同じく、女性が脱毛を考えるのが『デリケートゾーン』です。特に夏の時期は海やプールと水着を着る機会も多く、うっかり処理し忘れたとあっては大変なことに…!VIOラインの処理を忘れると、大切な彼氏との楽しい夜も台無しになってしまうかもしれません。

そこで今回は、デリケートゾーンの脱毛方法と、その注意点についてご説明します。

デリケートゾーンの脱毛方法

現在では脱毛は、自宅でできるライトなものから、医療機関でおこなう本格的なものまで、さまざまな種類があります。

もっとも簡単なものに、カミソリを使ったムダ毛処理があります。しかし、これは肌に大きな負担をかけるだけでなく、1〜2週間程度ですぐに毛が伸びてきてしまいます。

他にも、脱毛クリームや、脱毛ワックスを使った脱毛方法もありますが、「カミソリよりはマシ」という程度で、どちらも肌に負担をかけてしまいます。

自己処理よりも効果が高いのは専門のお店

そこで、若い女性を中心に流行っているのが、エステや医療機関でおこなう『光脱毛』や『レーザー脱毛』と呼ばれる脱毛方法です。こちらは自宅でできる脱毛法と違い、毛根にのみ作用するため肌への負担が小さく、高い効果も期待できます。ワックスを使った脱毛などに比べ、痛みが少ないというのもポイントです。

デリケートゾーンを脱毛の注意点

デリケートゾーンの脱毛にあたって、ひとつ注意しておかなかければならないのは『体毛はすべて、人間にとって大切な部位を守るためについている』ということです。

デリケートゾーンの毛も、一見するとほとんどがムダ毛に感じるかもしれませんが、クッションの役割や、温度調節の役割、さらには紫外線・雑菌から性器を保護する役割があります。そのことも、きちんと頭に入れたうえで脱毛することをオススメします。

とはいえ、デリケートゾーンを脱毛することによるメリットは多くあります。まず、周りの目を気にしなくて済むというのがあげられます。特にVIOラインの処理を怠ると、自分だけでなく彼氏のこともガッカリさせてしまう可能性も…。

また、デリケートゾーンのムレなどからも解放される場合があるため、ムレや痒みでなやんでいる女性は、一度脱毛をしてみるのもいいかもしれません。

(image by PIXTA)

(著:nanapiユーザー・せんり。 編集:nanapi編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
その手があったか!「コンドームエッチ」で気持ち良くなる方法3つ
自分の嘘もすぐに忘れる蓮舫の記憶力の悪さ。朝日新聞すら擁護できず
ベビーカーにベビーでなく荷物を載せる親がいる理由 秀逸投稿が話題
リーダーになってはいけない人の3つの特徴
「育ちがいいんだろうな」と思う男性の名前4つ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加