三山ひろし けん玉検定で四段に昇段...ファン4000人に新曲を披露

三山ひろし けん玉検定で四段に昇段...ファン4000人に新曲を披露

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/10/12
No image

熱唱する三山ひろし=中野サンプラザ

歌手・三山ひろし(37)が11日、東京・中野サンプラザでコンサートを開催。3年連続3回目の紅白出場を誓った。

紅白出場への思いには「1度出場したら、2回、3回と出ていきたい」と語った。オープニングで紅、その後は白の衣装を披露するなどコンサート全体の演出からも紅白をアピールした。

そんな中、昼夜2回、4000人のファンを前に現在7万5000枚を超えるヒットとなっている新曲「男の流儀」に加え、故郷・高知県が舞台の楽曲「南国土佐を後にして」を和楽器とよさこい踊りを取り入れたスペシャルバージョンで披露するなど23曲を熱唱。「演歌を幅広い世代に伝えたい」と熱く語っていた。

また特技のけん玉では、検定を受け四段に昇段。「藤井四段もいますし、今年は四段が話題ですね」と、将棋界のプリンスに負けない活躍を誓っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
16歳で出産した女子高生、整形女性器公開に続き“アナルプレイ”配信! 「最悪のリアリティスター」の声
萩本欽一が明かした香取慎吾との「仮装大賞」共演経緯
元SMAP・香取慎吾のイベントに、ついに飯島三智マネジャーが現れた!「異常な拒絶反応でキレまくり......」
マネージャーを8年間で14人交代させた、菜々緒の本当の性格
菊地亜美の近影にファン騒然 衣装かぶりより深刻な「問題点」が発覚
  • このエントリーをはてなブックマークに追加