ランボルギーニ ウルス、フルデジタルディスプレイ採用...最新コネクト搭載

ランボルギーニ ウルス、フルデジタルディスプレイ採用...最新コネクト搭載

  • レスポンス
  • 更新日:2017/12/07
No image

ランボルギーニ・ウルス

もっと画像を見る
ランボルギーニは12月4日、新型SUVの『ウルス』に最新のコネクティビティを搭載すると発表した。

ウルスのコネクティビティの中核となるのが、新開発のインフォテインメントシステム。ダッシュボード中央には、2画面のタッチスクリーンインフォテインメントディスプレイをレイアウトした。上側の画面には、メディア、ナビゲーション、電話、車両のステータス情報などを表示。下側の画面は、情報を入力したり、空調やシートヒーターなどの機能をコントロールしたりする役割を持つ。

また、ドライバー正面のメーターは、フルデジタルTFTディスプレイ。メイン情報をアニメーション3D表示し、ドライバーによるカスタマイズも可能。

ランボルギーニとしては第3世代となるインフォテインメントシステムは、音声認識によって、音楽や電話などの機能を管理したり、テキストメッセージを送信したりすることができる音声コントロールを採用。ワイヤレス充電も標準装備。USB接続やBluetoothメディアストリーミング、DVDプレーヤーなどが標準。「ランボルギーニ・コネクト」も用意される。

さらに、スマートフォン・インターフェースは、アップルのiOSとグーグルのAndroidに対応。アップルの「CarPlay」とグーグルの「Android Auto」を搭載したスマートフォンと連動できる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ガスを燃やして駆動する、小型の16シリンダ・スターリングエンジンが格好いい
多忙なビジネスマンの心強い相棒!使えるオーバーナイター13選
BIGLOBEモバイル、ASUS製「ZenFone 4 Pro」を提供開始
【衝撃】現役NASA宇宙飛行士「月に行く技術はもうない、不可能」と爆弾証言! 有人月面探査の真実とは?
世界一小さい携帯電話「Zanco tiny t1」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加