【エコプロ16】スバル、廃タイヤの舗装材への再利用などを紹介

【エコプロ16】スバル、廃タイヤの舗装材への再利用などを紹介

  • レスポンス
  • 更新日:2016/12/02
No image

富士重工業(スバル)は、12月8日から10日に東京ビッグサイトで開催される環境展示会「エコプロ2016」に出展する。

8回目の出展となるスバルブースでは、今年10月25日に発売した『インプレッサ スポーツ』の実車1台を展示する。また、スバル販売店から回収された廃タイヤの舗装材への再利用や、オイル交換時に発生する廃オイルを再生重油としてハウス暖房用燃料への再利用、海外事業所での環境保全活動など、同社の環境への取り組みを紹介する。

また、主催者イベント「エコカー乗車体験」では、インプレッサ スポーツの視界の良さやワンランク上の質感を体感することができる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日産が専用のサスペンションやコンピュータを搭載した『NOTE e-POWER NISMO』を発売
アストンマーティンとレッドブルのハイパーカー、「AM-RB 001」...150台が完売
ユニクロで名字変えバイトしていたジャーナリスト、潜入ルポ発表後にいつも通り出勤 解雇を言い渡される
2016-2017日本カー・オブ・ザ・イヤーはスバル『インプレッサSPORT/G4』
冬ボーナス、中小企業は平均27万7,086円 - 昨年に比べ改善
  • このエントリーをはてなブックマークに追加