昆虫属性。闇属性歓喜。ダークな色調の昆虫や人体モチーフのバッグやリュックがネット販売中

昆虫属性。闇属性歓喜。ダークな色調の昆虫や人体モチーフのバッグやリュックがネット販売中

  • カラパイア
  • 更新日:2019/02/12
No image

image credit:kofta

常に身に着けて持ち歩くバッグはリュックは、機能性で選ぶ人もいれば、ファッションアイテムの1つとして色やデザイン、トレンドで選ぶ人もいるだろう。

最近では多種多様なファッションが流行しているが(関連記事)、自分の属性にぴったり合ったものならお財布と相談したくなってしまう。

ウクライナのブランド「コフタ(kofta)」では、昆虫属性、闇属性の人の心がうごめきがちな人々の心が揺れ動く、クールな昆虫モチーフや人体モチーフのバッグとリュックのネット販売を行っている。

こだわりの質感と造形となっており、中二心を持ち続ける人にはジャストフィットなのだ。え?私のこと?

【他の記事を見る】通報確実。エド・ゲイン仕様の人皮加工が施されているゴム製のジャケットやバッグなどがネット販売中(ホラー注意)

背中で昆虫が主張するウクライナ発のおしゃれなリュック

すべてハンドメイドで作られるというコフタのバッグやリュック。シーズンごとに「抱擁」や「疲労」、「恐怖」などユニークなテーマのコレクションが発表されている。

昆虫モチーフのバッグとリュックは2018年に発表されたもので、成虫をテーマにした春夏コレクション「IMAGO」と光をテーマにした秋冬コレクション「SOPHRO」のアイテムだ。

No image

image credit:kofta

それではラインアップの一部を見てみることにしよう。

1. パールのグラデーションが美しいСYRTOPLEURA СOSTATAのリュック(45×30×10cm / 710g) 約16万9000円

No image

image credit:kofta

2. ハムシ科のDORYNOTA(ドリノタ)をモチーフにしたリュック(37×35×10cm / 730g) 約17万8000円

No image

image credit:kofta

3. こちらもハムシ科のCYRTONOTA BUGAENSISのショルダーバッグ(23×23×8.5cm / 330g) 約10万9000円

No image

image credit:kofta

4. カメムシの一種であるELASMUCHA GRISEAのリュック(50×40×13cm / 1015g) 約17万4000円

No image

image credit:kofta

5. ダークパープル×ブルーの色合いがかっこいいCOPTOLABRUS PUSTILIFERのリュック(45×17.5×11cm / 515g) 約16万円

No image

image credit:kofta

6. ターコイズに輝くCHAMALEO PARDALIS(パンサーカメレオン)のリュック(16×42×14cm / 610g) 約14万9000円

No image

image credit:kofta

7. グレーのグラデーションが渋いANOPHELES MACULIPENNIS(ハマダラカ)のリュック(50×17×9.5cm / 640g)約15万9000円

No image

image credit:kofta

8. 緑の偏向カラーが目を引くCOLEOPTERAのリュック(18×45×9cm / 610g) 約16万4000円

No image

image credit:kofta

9. 赤紫の偏光カラーが素敵なBUPRESTIDAE(タマムシ)のリュック(30×43×12cm / 900g) 約18万4000円

No image

image credit:kofta

うごめく中2心が抑えられない闇属性の人体バッグも

闇属性なバッグを求めている人には、顔面や人体をモチーフにしたものも用意されている。

No image

image credit:kofta

コフタの商品は国際発送が可能なようなので、春ファッションに取り入れてみてはどうかな。詳しくは公式サイトをチェックだよ。

References:koftaなど / written by usagi / edited by parumo

・あわせて読みたい→IKEAのショッピングバッグで「つくってみた」

動画・画像が表示されていないときはこちらから

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
36才で初めてダウンジャケットを着てみたら、衝撃的すぎた......
「エホバの証人の活動の中で、最もつらかったこと」元信者が告白
エッチは週に20回! 「性欲が強すぎる彼女」の性事情に悲鳴
夫との「夜の営み」が苦痛...相談者に江原啓之が助言
ニトリのこのマットが、キッチンでの仕事をグッと楽にしてくれたんだ...!|マイ定番スタイル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加