最新ランキングをチェックしよう
34歳の新鋭監督が故郷ルクセンブルクを題材に新作を撮った理由

34歳の新鋭監督が故郷ルクセンブルクを題材に新作を撮った理由

  • 映画.com
  • 更新日:2017/11/12

34歳の新鋭ゴビンダ・バン・メーレが脚本・監督を担当した「グッドランド」。第30回コンペティションで上映された本作は、小さな農村に流れ者が居着いたことから村人たちがひたすら隠していた秘密が暴かれるミステリー。主演は、全編140分間ワンカットで撮ったことが話題になった「ヴィクトリア」のフレデリック・ラウ。故郷ルクセンブルクを題材に本作を撮った監督に話を聞いた。
──広大な農村地帯にありながら孤立した

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
まだまだ出てくる安室奈美恵さんの引退をめぐる報道 3大NGワードとは?
3歳の少女に「この板を踏み割るんだよ」と教える行為のなんと難しいことか......
女性の92.6%がオーガズムに憧れている!?
ふかわりょう、iPhone XSに「迷走してる」「魅力がない」 その理由に納得の声
家族4人で食費月3万円に「かかりすぎ」と嘆く夫 世間から大ブーイング

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加