最新ランキングをチェックしよう
34歳の新鋭監督が故郷ルクセンブルクを題材に新作を撮った理由

34歳の新鋭監督が故郷ルクセンブルクを題材に新作を撮った理由

  • 映画.com
  • 更新日:2017/11/12

34歳の新鋭ゴビンダ・バン・メーレが脚本・監督を担当した「グッドランド」。第30回コンペティションで上映された本作は、小さな農村に流れ者が居着いたことから村人たちがひたすら隠していた秘密が暴かれるミステリー。主演は、全編140分間ワンカットで撮ったことが話題になった「ヴィクトリア」のフレデリック・ラウ。故郷ルクセンブルクを題材に本作を撮った監督に話を聞いた。
──広大な農村地帯にありながら孤立した

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
不気味の谷は過去のもの? 映画『ブレードランナー2049』に登場するレイチェルのVFX裏側
1月19日の注目映画第1位は『サニー/32』
何ちゅう発想! 鉛筆の音だけで『スター・ウォーズ』のテーマ曲を奏でる動画が天才すぎる
女優・のん「あまちゃん」からの4年半(前編)
『勝手にふるえてろ』は2017年ベスト!ヌードより官能的な濡れ場表現を見逃すな!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加