小池都知事 ジャケットの数は約50着 1971年から愛用しているものも

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2016/11/30
No image

東京都の小池百合子都知事が30日、「ベストドレッサー賞」の政治部門を受賞した。小池都知事は環境相時代の05年にも受賞しており、2度目の栄誉となった。都内での表彰・授賞式の後には取材に応じ、ジャケットは約50着を持っており、キャスター時代やエジプト・カイロ大学に留学した1971年から愛用しているものもあると明かした。

ファッションの秘けつを「時と場所に合わせて、女性とすればきっちり感があった方がいいのかなと思っております」と語ると、ジャケットは何着を持っているのかという話題へ。「キャスター時代からのも着ています。いまだに留学中に着ていたのでさえ着ています。うん十年前ですけど」と振り返りつつ、春夏秋冬で合わせて50着ほど持っているものを、「好きな物は大事に着る」と、仕立て直しながら着ていると明かした。

この日の服装は青色のジャケットと、ピュアウールで仕立てたロングドレス。スカート部分は薄く仕立ててあるので、生地を広げてみると若干、透けているようにも見えるが、「情報公開の一環なので」と“百合子ジョーク”も飛び出していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
浜崎あゆみが長瀬智也との“おそろいタトゥー”公開で必死の話題作り!
“全裸×指1本”絶妙な自撮りが流行中
サバンナ高橋、SMAPから笑顔を消した失言に「お前がいなくなれ!」の大罵声
元光GENJI・諸星&大沢、ASKA逮捕に「赤坂の方が心配」
伊野尾慧、女子アナ二股報道でスタッフがブチギレ!? 「めざまし」の内容が変更に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加