最新ランキングをチェックしよう
コーヒーや紅茶のカフェインをトリガーに「糖尿病を治療できる」という研究結果が発表される

コーヒーや紅茶のカフェインをトリガーに「糖尿病を治療できる」という研究結果が発表される

  • GIGAZINE
  • 更新日:2018/06/22

by Zach Inglis
コーヒーや紅茶、緑茶などに含まれるカフェインには「目を覚ます効果がある」とされている一方、過剰に摂取すると体に悪影響を及ぼすとも言われています。そんなカフェインを特殊な合成遺伝子を組み込んだ糖尿病の動物に投与することで、カフェインを細胞のトリガーとして「糖尿病を治療できる」という研究結果が発表されました。
Caffeine-inducible gene switche

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「腎臓結石」と自然界の石の共通点を明かす画期的研究
犬のゲノム研究が筋ジストロフィーの治療に希望の光を!
「ディッキンソニア」は地球最古の動物だった!5億5,800万年前の化石でその正体が明らかに(オーストラリア研究)
がん治療革命:治せないがんを治したい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加