最新ランキングをチェックしよう
コーヒーや紅茶のカフェインをトリガーに「糖尿病を治療できる」という研究結果が発表される

コーヒーや紅茶のカフェインをトリガーに「糖尿病を治療できる」という研究結果が発表される

  • GIGAZINE
  • 更新日:2018/06/22

by Zach Inglis
コーヒーや紅茶、緑茶などに含まれるカフェインには「目を覚ます効果がある」とされている一方、過剰に摂取すると体に悪影響を及ぼすとも言われています。そんなカフェインを特殊な合成遺伝子を組み込んだ糖尿病の動物に投与することで、カフェインを細胞のトリガーとして「糖尿病を治療できる」という研究結果が発表されました。
Caffeine-inducible gene switche

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
カンボジアで殺人の日本人「殺すしかなかった」
「向かい合って寝る」カップルが危険な理由
イチロー“疑惑”のレーザービーム「衰えてんだろ」ヤフコメ炎上
切り裂きジャック、DNA解析でついに正体が判明
工藤静香、お散歩中の足元に注目集まる 「スニーカーのタグが...」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加