最新ランキングをチェックしよう
コーヒーや紅茶のカフェインをトリガーに「糖尿病を治療できる」という研究結果が発表される

コーヒーや紅茶のカフェインをトリガーに「糖尿病を治療できる」という研究結果が発表される

  • GIGAZINE
  • 更新日:2018/06/22

by Zach Inglis
コーヒーや紅茶、緑茶などに含まれるカフェインには「目を覚ます効果がある」とされている一方、過剰に摂取すると体に悪影響を及ぼすとも言われています。そんなカフェインを特殊な合成遺伝子を組み込んだ糖尿病の動物に投与することで、カフェインを細胞のトリガーとして「糖尿病を治療できる」という研究結果が発表されました。
Caffeine-inducible gene switche

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「魔女の雑草」駆除に道=アフリカで猛威の寄生植物-名大など
ファンケルが肌ケアに役立つ機能性表示食品サプリ「モイストバリアW」を発売
立ちくらみ、オーラ、人類の進化まで。医学界における10の不思議な発見
驚愕報告!インフルエンザウイルスを15秒で無力化する「紅茶」の力
世界オタク研究所、スタート!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加