1回で約10杯分抽出できる象印の大容量コーヒーメーカー『珈琲通』が発売

1回で約10杯分抽出できる象印の大容量コーヒーメーカー『珈琲通』が発売

  • @DIME
  • 更新日:2017/08/11

象印マホービンは、大容量タイプのコーヒーメーカー『珈琲通』(EC-YS100型)を9月1日から国内向けに発売を開始する。価格はオープン価格。

No image

『珈琲通』は1度にコーヒーカップ約3杯~10杯分を抽出できるコーヒーメーカー。大容量なのでオフィスや宿泊施設、飲食店などにおける使用に適しています。また、コーヒーを好まれる家庭やホームパーティでの使用も想定。ブラックを基調とした、大容量ながらもスリムなデザインを採用した。

No image

抽出したコーヒーは、ヒーターを使わずに「まほうびん構造のステンレスサーバー」で保温。このため時間がたっても煮詰まらず、淹れたての味と香りを保つ。さらに、結露しにくいステンレス製のため、アイスコーヒーにも適している。また、サーバーを傾けたときに無理なく押せるプッシュボタン式を採用。大容量でも手軽に注ぐことができる。

No image

「24時間予約タイマー」を搭載しており、抽出を開始する時刻の設定が可能だ。例えば、おやすみ前に起床時の時刻を予約しておくことで、忙しい朝も手間なく淹れたてのコーヒーを楽しむことができる。タイマー機能の未使用時は、現在時刻をデジタル表示する。

このほかに本体内のヒーターをマイコンで制御し、お湯の通る管をあらかじめ温める「マイコン予熱&マイコン蒸らし」を装備。コーヒー豆を熱いお湯でしっかりと蒸らし、風味を引き出す。繰り返し使用できる経済的な「ステンレスメッシュフィルター」、はずして洗える水タンク&スイングバスケット&フィルターケース、クリーニング時期をLEDランプで知らせる「クリーニングお知らせランプ」、適切な温度で洗浄力を引き出す「クエン酸洗浄モード」なども備える。

外形寸法は270×200×375mm、4.1kg。実容量は350ml(コーヒーカップ約10杯分)。消費電力は800W。計量スプーン、バスケットフィルター(4枚)、ステンレスメッシュフィルターが付属。本体カラーはステンレスブラック(-XB)。

関連情報

http://www.zojirushi.co.jp

文/編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
もはや富裕層の「節税対策」と化したふるさと納税
【爆速】最高時速350km超の電動モンスターバイク「LS−218」がこちらです
自動運転車が事故ったら、誰の責任なのか
20代若者に人気、いま「250ccスーパースポーツバイク」が売れる理由とは
死ぬまで働く以外に道はないのか? 最底辺に墜ちた日本人の老後
  • このエントリーをはてなブックマークに追加