和食派におすすめ!ちょっと贅沢なグルメ宿の「夜ご飯」6選【全国】

和食派におすすめ!ちょっと贅沢なグルメ宿の「夜ご飯」6選【全国】

  • エンタメウィーク
  • 更新日:2017/09/16
No image

食事にこだわって宿選びをするなら、ここがおすすめ!趣向を凝らした贅沢和食を供するグルメ宿の、とっておきの夕食をご紹介します。
鯛の唐蒸し、すっぽんのつみれ鍋、ふく刺しなど、その土地に根づいた伝統料理から四季を表すかのような料理まで。日常から離れた特別な空間で、目で舌でと、ゆっくり美食を堪能してください。

記事配信:じゃらんニュース

1.料理旅館 金沢茶屋【加賀料理】【石川県金沢市】

伝統と旬の美味を追い求めて。加賀料理の奥深さを知る。

No image

鯛の唐蒸し/背開きにした鯛に卯の花を詰めて蒸した金沢の郷土料理のひとつ。鯛の旨みを吸い込んだ卯の花が美味。別注だがぜひとも味わいたい逸品。小鯛2000円~、大鯛1万円~

No image

七尾港など豊かな漁場より仕入れ。お造りは水揚げされた魚介次第

No image

郷土料理「治部煮」。鴨肉、旬野菜や特産のすだれ麩を煮合わせる

No image

能登名物のどくろを唐蒸しに。柔らかな白身は脂ののる濃厚な味わい

No image

キャビアのせ赤飯。特別な日に華を添える、心遣いともてなしが嬉しい 秋の献立(一例)

[先付]その日のおすすめ一品
[前菜]季節の彩り色々
[サプライズ]キャビア赤飯
[御椀]紅白雑煮
[お造り]甘海老、障泥烏賊など
[焼き物]のどくろの唐蒸し
[煮物]治部煮
※仕入れ状況により内容は異なる

金沢駅を出て歩くこと数分。観光客が行き交う大通り、高層ビルの狭間に今宵の宿はそっと佇んでいた。いささかの不安と期待を胸に暖簾をくぐり館内へ。足を踏み入れると待っていたのは漆塗りの調度品に加賀友禅、九谷焼の作品の数々と温かな出迎え。あっという間に古きよき加賀百万石の世界へと誘われる。
「金沢茶屋」は、おもてなし日本一と称される旅館「和倉温泉 加賀屋」の姉妹館だ。ホスピタリティ精神あふれる加賀屋流もてなしがここでも受け継がれている。それは料理においても例外ではない。四季の素材に徹底してこだわり、一品一品に真心を込めた加賀料理の数々。秋冬は脂ののった能登鰤、のどくろ、甘海老など旬の魚介を使った料理が主役に。研鑽を積んだ料理長が繊細な一品に仕立てていく。そして何より外せないのが鯛の唐蒸しなど郷土伝統の味だ。「旬の味覚も加賀伝統の味も存分に召し上がっていただきたい」と源田則幸料理長。祝事で訪れるゲストにはサプライズな逸品を供する粋な計らいも。伝統の味と細やかな心遣いが多くのゲストに愛される所以だ。

料理旅館 金沢茶屋
TEL/076-231-2225
住所/石川県金沢市本町2-17-21
料金/1泊2食3万1320円~
アクセス/電車:JR金沢駅より徒歩5分 車:北陸道金沢東ICより15分

2.ぎおん畑中【京懐石】【京都府京都市】

閑寂の隠れ家で酔いしれる、粋を極めた華麗な京料理。

No image

季節の八寸/献立のはじまりに登場するのは、あしらいにもひと工夫を凝らした見目麗しき八寸。車海老露焼、鯖小袖寿司、鴨ロース三味焼、唐墨の粕漬など季節感あふれる料理が並ぶ

No image

温物の一例、甘鯛と蓮根の蒸し物。たっぷりと餡がかけられた上品な味わい

No image

台物の一例、ローストビーフ熟成醤油。特製の玉葱橙酢でさっぱりと

No image

御向は旬の魚介を盛り込みに 秋の献立(一例)

[八寸]車海老露焼、冷燻青巻、鯖小袖寿司ほか
[御椀]薄葛仕立て 毛蟹真丈
[御向]天然鯛、本鮪、車海老、烏賊
[温物]甘鯛蓮根蒸し
[台物]京都肉熟成醤油焼 焼き野菜添え

室町時代中期・東山文化に見られた、「市中の山居」。文字どおり、都にいながらにして山中の閑寂の境地を味わい、その対比を愉しむという粋な美学である。こうした古より綿々と連なる趣を今なお継承するのが料亭旅館「ぎおん畑中」だ。表に八坂神社、裏には高台寺を控える華やかな祇園の奥路地に佇む隠れ家。喧騒を背に門より続く石畳を歩けば山居のごとし閑寂な時が流れる。
風格に満ちた空間でいただく夕食はもちろん京懐石だ。厨房を仕切るのは矢野由彦料理長。京料理の伝統と技を継承しつつ独自の視点でアレンジ。器や盛り付けにも気を配り、目に美しく舌が喜ぶ品々が次々と繰り出される。食材は近海で獲れた魚介や季節の京野菜など旬の地場食材を中心に最上のものを。晩夏~秋は鱧や松茸、冬になると松葉蟹が食膳を賑わす。
そしてもうひとつ、ぜひとも体験したいのが館内で定期的に開催される「京料理と舞妓の夕べ」。繊細な京料理に舌鼓をうち、舞妓芸妓の優雅な京舞を愛でる。京言葉と花街風情に彩られた、お座敷遊びに興じる一夜もまた格別だ。

ぎおん畑中
TEL/075-541-5315
住所/京都府京都市東山区祇園南側505
料金/1泊2食3万3480円~
アクセス/電車:京阪四条駅または阪急河原町駅より徒歩10分 車:名神京都東ICより20分(駐車場利用の場合は1日3000円)

3.海石榴【懐石料理】【神奈川県湯河原町】

一期一会の美食に出会う、奥湯河原の別天地へ。

No image

「海石榴」名物すっぽんのつみれ鍋/地場の足柄で育てられたすっぽん。口の中でふわっとした食感が広がるつみれに仕立て、宿秘伝の出汁で煮込んで滋味あふれる鍋に。この名物を目当てに訪れるゲストも多い

No image

とろけるような甘さを持つ南足柄産の相州牛。季節ごとに調理法を変え供される

No image

前菜一例、秋は栗や銀杏、旬の鮮魚を使用。職人の繊細な技が光る11種が並ぶ

No image

季節の果物を多様する趣向を凝らしたデザート。器や彩りも美しい 秋の献立(昨年の例)

[前菜]11種盛り合わせ
[椀物]萩産甘鯛の焼おにぎり茶漬
[向付]竜飛産本鮪、駿河湾産青利烏賊、駿河湾産太刀魚昆布〆など
[焼物]地場南足柄産相州和牛ヒレ肉と松茸の石焼
[温物]海石榴名物 山北産すっぽんのつみれ鍋
※今年の献立については直接お問い合わせ下さい

開湯は古く、あの万葉集にも詠われた歴史を持つ湯河原温泉。多くの旅人を癒やしてきた湯は無色透明かつ肌ざわり柔らかな泉質で温泉通からも人気が高い。中でも箱根の西南、雄大な山懐に抱かれた奥湯河原は温泉街の喧騒とも無縁の地――「海石榴」は箱根外輪山の大自然に寄り添うように建つ。耳を澄ませば脇を流れる藤木川の瀬音と鳥のさえずり…ゲストを虜にするのはこの恵まれた環境と豊かな温泉、そして料亭旅館ならではの季節の美食にある。
夕食で何より大切にするのは春夏秋冬を感じてもらうこと。西脇一郎料理長が腕を振るう京風仕込みの懐石料理は「はしり」「旬」「なごり」と四季ごとに変化する食材を最大限に活かしている。八寸は旬を迎えた山海の味覚に秋の彩りを添えて。旬の松茸や地場南足柄産の相州牛が膳を賑わせる。和の伝統に忠実でありながら随所に季節の演出や遊び心が満載だ。食事の余韻を残しつつ、露天風呂へ。とろりと滑らかな温泉が浴槽を満たす。秋風と虫の音に耳を傾け湯にとっぷりと浸かる幸せ。穏やかな夜が静かに更けていく。

海石榴(つばき)
TEL/0465-63-3333
住所/神奈川県足柄下郡湯河原町宮上776
料金/1泊2食4万3350円~
アクセス/電車:JR湯河原駅より路線バス「奥湯河原」行きで17分、終点奥湯河原バス停より徒歩3分 車:小田原厚木道路小田原西ICより25分

4.水野旅館【日本料理】【佐賀県唐津市】

主役は玄界灘が育んだ天然モノ。魚介づくしの会席に舌鼓。

No image

イカの活き造り。ヤリイカやアオリイカなど季節ごとに種類を変え通年味わえる

No image

秋に旬を迎える鰆を幽庵焼きに

No image

玄界灘の冬の名物、アラの煮物

No image

出汁が美味しいと評判の松茸の土瓶蒸し

唐津城から続く、昔の町並みを彷彿とさせる石垣通り。その一角に時代を巻き戻したかのような壮麗な武家屋敷門が佇む。門は唐津藩初代藩主・寺沢公が400年前に築いた当時の面影を残す貴重なもの。実はここが今宵の宿、水野旅館の入り口だ。見事な景観に目を奪われ、館内へ入ると生簀が。遠路はるばる訪れるゲストのお目当てはこの玄界灘で獲れる天然魚介にある。秋はカマス、冬にかけてはアラ、ふぐ、寒平目…と質の高い天然モノが年中手に入る。食材のよさを生かすため食べ方はシンプルに。活き造り、焼き物、煮付け…と姿を変え珠玉の一皿一皿が繰り出される。唐津焼や有田焼の器との調和も見事だ。
宿からは唐津湾を一望。島々が点在する海の雄大な絶景も美味なる料理に華を添える。

水野旅館
TEL/0955-72-6201
住所/佐賀県唐津市東城内4-50
料金/1泊2食2万1600円~
アクセス/電車:JR唐津駅よりタクシーで4分 車:長崎道多久ICより40分

5.小天狗さんろじ【ふく料理】【山口県下関市】

本場下関で味わい尽くす、珠玉のとらふくフルコース。

No image

ふく刺し/シャキシャキの極細葱をふくの身で巻くのは下関発祥とされる食し方。紅葉おろしとポン酢でいただけば上品な旨みに箸が止まらない。二人前にして、このボリューム感

No image

皮の弾力ある歯ごたえが癖になる湯引き。ゼラチン質たっぷりの珍味

No image

ぶつ切りにしたふくの身を豪快に入れた「ふくちり」。骨から染みだす出汁がより深い旨みを生む

No image

薄い衣でカリッと仕上げた唐揚げ。柔らかいふくの身が絶妙

No image

前菜盛り合わせの一例、目と舌で季節を実感できる 秋の献立(一例)

[先付]白子豆腐
[前菜]秋刀魚照り焼き、揚げ栗、豚角チーズ焼きほか
[刺身]ふく刺し
[鍋物]ふくちり
[揚げ物]ふく唐揚げ
[食事]ふく雑炊
[水菓子]季節のフルーツなど
※仕入れ状況により内容は異なる

下関の奥座敷として栄えてきた川棚温泉。800年以上の歴史を誇る名湯が湧き、小道には純和風の小さな温泉旅館が軒を連ねる。時が止まったかのような懐かしい田舎風情に包まれた地に建つのが、全室露天風呂付き離れの宿「小天狗さんろじ」だ。奥まった山の路地に独立して佇む離れは大人の隠れ家にふさわしい。
夕食は四季折々の郷土食材を使った会席料理。秋の訪れとともに地元下関の誇る逸品、とらふぐが料理の主役となる。ふくのひれ酒から始まる至福のフルコースは全10品。薄切りにした身が花開いたように敷き詰められた芸術的な美しさのふく刺し。サクサクの衣と肉厚ジューシーな旨みがたまらない、から揚げ。土鍋で炊いた熱々のちりを頬張り、〆はふく出汁たっぷりの雑炊…と最高級といわれるとらふぐの魅力を余すことなく堪能できる。コースが解禁となる秋、この味を求め遠来から訪れる常連客が多いのも納得だ。贅を尽くした食事の後は客室の露天風呂で温泉三昧。源泉100%かけ流しの湯が満ちる湯船で美食の余韻にひたる時間も最高だ。

小天狗(こてんぐ)さんろじ
TEL/083-772-0227
住所/山口県下関市豊浦町川棚5153
料金/1泊2食2万4000円~(紹介の料理はふくフルコースプラン2万9000円~)
アクセス/電車:JR川棚温泉駅よりサンデン交通バス北浦線で5分、川棚温泉より徒歩5分 車:中国道下関ICより35分

6.料亭旅館 つつじ亭【懐石料理】【群馬県草津町】

季節を醸す職人技に見惚れて。贅を尽くした懐石料理の数々。

No image

秋の椀一例、松茸の旨みを存分に味わう一品

秋の前菜一例、旬の味覚が華やかな装いで並ぶ

No image

冬の造り一例、旬の魚介を使った三種盛り合わせ

No image

冬の煮物一例、穴子生姜煮、青梗菜、柚子を添えた丸大根の含め煮

日本有数の名湯、草津温泉。老舗旅館や土産物店が軒を連ね、多くの観光客で賑わい強酸性の源泉特有の香りがぷんと漂う。その中心地湯畑から歩いて15分ほど。野趣溢れる広大な自然林を借景に、佇む一軒の宿がある。5000坪の敷地にわずか10室だけがゲストを迎える特別な空間。プライベート感を重視した接客はまるで自分の別荘で過ごしているかのような気分になる。
夕食で供されるのは「一客一亭」をコンセプトとした月替わりの懐石料理だ。地場の食材を中心に日本各地から旬の素材を吟味。匠の技で彩り豊かな旬彩の滋味あふれる品々を生み出していく。丁寧に作られた一皿は料理、器が見事に調和され美しい。食べ終えると、全身を満たす幸福感。早くも朝食へと期待が膨らんでいく。

料亭旅館 つつじ亭
TEL/0279-88-9321
住所/群馬県吾妻郡草津町639-1
料金/1泊2食3万2550円~
アクセス/電車:JR長野原草津口駅よりJR草津行バスで草津温泉バスターミナルまで25分。着後送迎あり 車:関越道渋川伊香保ICより1時間20分

◆記載の宿泊料金は平日大人2名1室利用時の1名料金で、税金(消費税、温泉の場合は入湯税)とサービス料を含みます。
◆料理は取材時のものです。季節や天候によって変更になる場合があります。

※この記事は2017年8月時点での情報です

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

お店カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
伝説の牛丼屋サンボ / 何があったのか不明だが「牛丼が激しく美味しくなった」と話題
日本海のイメージを心地よく覆す? 2泊3日の若狭路ドライブ旅行へGO
【焼肉】この値段で“A5和牛食べ放題”!? 超コスパすぎて不安になる「たなか畜産」が肉好きの天国だった
生クリームのソフトクリームが美味しすぎて大絶賛 / 長蛇の行列ができる「生クリーム専門店 Milk 新宿店」
ローストビーフが2倍!サブウェイに“29の日”を記念した「ダブルローストビーフ」

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加