「最高のチームが最弱のチームに負けた」「西川は居眠り」U-17日本代表の“早すぎる”敗退をブラジル人記者が嘆いたワケ【現地発】

「最高のチームが最弱のチームに負けた」「西川は居眠り」U-17日本代表の“早すぎる”敗退をブラジル人記者が嘆いたワケ【現地発】

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2019/11/09
No image

グループステージで2ゴール・2アシストの西川は。メキシコ戦では精彩を欠いた。(C)Getty Images

No image

16強で散った日本。グループリーグの戦いぶりは称賛を集めたが……。(C)Getty Images

U-17ワールドカップの決勝トーナメント1回戦、日本とメキシコの選手がピッチに入った時、まずふたつのことが印象に残った。

ひとつはサポーター。50人足らずの日本人サポーターのそばで、多くのブラジル人が、サムライの兜をかぶり、鉢巻をしてニッポン、ニッポンの声援を送っていた。

もうひとつは雨だ。それもとんでもない土砂降り。しかし、審判団は協議の末に試合続行を決断した。残念ながら、この雨は日本の味方とはならなかった。グループリーグで一番強かったチームが、一番弱かったチームに負けてしまったのである。

ヨーロッパチャンピオンのオランダを下すなど、2勝1分けでしかも無失点、文句なしの1位でグループリーグを突破した日本。方やメキシコはぎりぎりの3位通過で、内容も見るべきところはなかった。

しかしサッカーとは、ここぞといった時に力を見せるチームが勝利する。グループリーグの成績は過去のことで、もう関係ない。こういった一発勝負をブラジルでは「Mata‐Mata」という。英語ならキル&キル。つまり殺るか、殺られるかだ。

そんな何が何でも勝たなければいけない「Mata-Mata」な試合で、しかし日本は過ちを犯してしまった。おかげで今後、我々は、名前もよく知らないメキシコの選手たちを追いかけなければならなくなった。一方の日本代表は、西川潤と若月大和をはじめ、鈴木彩艶、畑大雅、唐山翔自、三戸舜介、成岡輝瑠……半分近くの選手の名が知られるようになっていた。

日本の皆さんは、もしかしたらこのブラジル人記者は、リップサービスをしているのかと疑うかもしれない。だが、そんなことは断じてない。すべては真実だ。
日本は残念ながら早く帰国することになってしまったが、それでも西川と若月は大会トップ10に入る選手であるし、フランス、ブラジル、パラグアイとともに日本はここまでのベストチームだった。

私だけがそう言っているのではない。FIFAの公式データを見ても、それは明らかだ。ディフェンス、GKの指標はここまでで1位、ボールポセッション、パス成功率では2位、枠内シュート数は3位。それが日本の残した成績だ。

元ブラジル代表の正GKでベンフィカ、インテルなどでプレーしたFIFAアンバサダーのジュリオ・セーザルもこう言っていた。「ここにいるのはみな若くまだ経験の浅い選手たちだ。だがスペイン、フランス、イタリア、アルゼンチン、ブラジルなどには、すでにビッグクラブでプレーしている者もいる。しかし日本に関しては、まったく異なる背景を持つ。ビッグクラブはおろか、まだ学生もいる。にもかかわらず、これほど高いレベルのプレーを見せてくれたのは、驚きでもあり、嬉しくもある。今大会において一番のサプライズだろう」

ただ、これはすべてメキシコ戦の前の話だ。この試合の日本は、その前のセネガル戦とは明らかに違っていた。まるで全員がこの雨でインフルエンザにでもかかったように、動きが鈍かった。とりわけ雨の激しかった開始直後などは、メキシコの選手はまるで敵のいないピッチで遊んででもいるようだった。

日本のプレーを期待していたサポーター、そして記者たちは、最初の3分で二度もゴールを脅かされる日本に、自分たちの期待が裏切られるのではという予兆を感じた。ブラジルのスポーツ紙オ・グローボなどは、この試合に3人もの記者を送り込んでいた。それだけ興味深い試合だと判断したからだ。試合前には新聞にはこう書かれていた。

「我々は西川から目を離してはいけない」

しかし時間が経っても日本にはいいプレーが見られない。やる気は見えるのだが、それがすべてうまくいかない。反対にメキシコは、鈴木の守るゴールに多くのシュートを放っていた。
繰り返すがメキシコはそれほどレベルの高いチームではない。しかし日本は自分たちのプレーができず、エース西川もその力のほんの一部しか出し切れない。まるで居眠りでもしているかのようだった。28分まで、試合は鼻詰まりの時に飲むお茶のように、味気ないものだった。前半だけで5つのシュートを防いたGKの鈴木だけが孤軍奮闘していた。

メキシコのほうが、明らかに闘志があり、勝ちたいと言う強い気持ちが見られ、日本が得点されるのはもはや時間の問題という感じだった。そして56分、CKからついにゴールに決められた。日本のDFはほぼ動けなかった。

後半からはスタジアムは、無料で開放され、日本を応援する地元サポーターも増えていた。彼らの「ニッポン、ニッポン」のコールに押されてか、それとも森山監督がハーフタイムに喝を入れたのか、多少日本に精彩が戻って来た。

若月は5分間に二度、メキシコのゴールを脅かした。しかし彼はチームメイトの援護を受けられなかった。畑と成岡がサポートできず、孤立したまま、たった一人でシュートに持ち込まなければならなかった。 この試合のポセッションは日本62%、メキシコ38%。日本の方がボールを支配していたが、ベストの状態からは程遠かった。72分に若月が決定機を逃がすと、日本はまるで守備することを忘れてしまったかのようだった。

メキシコはそれを見逃さず、それまで何もしていなかったサンティアゴ・ムニョスがGK鈴木との1対1を制し、日本は0‐2とされた。完璧に崩壊したようなチームで諦めていなかったのは若月だけだった。

残り11分になって森山監督がやっと選手を交代させたが、まさに「遅きに失す」という言葉がぴったりだった。たった11分でいったい何ができると言うのか。いったいなぜ交代がこれほど遅れたのかまったくもって謎である。
期待の西川はこの試合、最後までいないのも同然だった。これまでの活躍を知っていたサポーターは彼の名前を呼んでいたが、モチベーションも感じられず、ミスを連発していた。

無意味な動き、照準のあっていないシュート、誤った判断、力のない攻撃……。まさに日本は舵を失った船の様だった。

こうしてU-17W杯は日本というクオリティの高いチームを失ってしまった。アメリカもオランダもすでに消えてしまい、大会は寂しいものになってしまった。もうブラジルの子供たちが叫ぶ「ニッポンコール」を聞くこともできない。

日本の夢は、豪雨とともにブラジルのピッチに消えてしまった。

取材・文●リカルド・セティオン
翻訳●利根川晶子

【著者プロフィール】
リカルド・セティオン/ブラジル・サンパウロ出身のフリージャーナリスト。
8か国語を操り、世界のサッカーの生の現場を取材して回る。FIFAの役員も長らく勤め、ジーコ、ドゥンガ、カフーなど元選手の知己も多い。現在はスポーツ運営学、心理学の教授としても大学で教鞭をとる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“燃費の悪いドリブル”になぜこだわる? 中島翔哉に捧げたい「久保建英の言葉」
森保ジャパン底上げへA代表とU22の戦術一本化を
箱根駅伝で「秘密兵器」となるか。優勝候補の東海大に1年の新星現る
“歴史的惨敗”を仔細に振り返ったMF柴崎岳「全責任は僕にある」
堂安&久保のU-22招集で露呈した森保監督「兼任の弊害」 なぜ“半信半疑”のプレーが生まれたのか?

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加