「最高のチームが最弱のチームに負けた」「西川は居眠り」U-17日本代表の“早すぎる”敗退をブラジル人記者が嘆いたワケ【現地発】

「最高のチームが最弱のチームに負けた」「西川は居眠り」U-17日本代表の“早すぎる”敗退をブラジル人記者が嘆いたワケ【現地発】

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2019/11/09

U-17ワールドカップの決勝トーナメント1回戦、日本とメキシコの選手がピッチに入った時、まずふたつのことが印象に残った。

 ひとつはサポーター。50人足らずの日本人サポーターのそばで、多くのブラジル人が、サムライの兜をかぶり、鉢巻をしてニッポン、ニッポンの声援を送っていた。

 もうひとつは雨だ。それもとんでもない土砂降り。しかし、審判団は協議の末に試合続行を決断した。残念ながら、この雨は日本の

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加