バルセロナ会長、合流拒否のアルトゥールを非難「敬意を欠いている」

バルセロナ会長、合流拒否のアルトゥールを非難「敬意を欠いている」

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2020/08/02
No image

【写真:Getty Images】

バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が、MFアルトゥールの姿勢に苦言を呈した。スペイン『スポルト』が伝えている。

23歳のアルトゥールは、6月29日にユベントスへの移籍が決定した。当初バルセロナ残留を望んでいた同選手だが、その後はモチベーションが低下した模様。バルセロナはチャンピオンズリーグを残しているものの、本人は合流を拒否しており、バルセロナは処分に動いている。

バルトメウ会長は、「チームにもクラブにも敬意を欠いた行動だ」とアルトゥールを非難。「当然ペナルティーはある。雇用者が働かなければ、給料は出ないものだ」と話した。

アルトゥールは実質的にMFミラレム・ピアニッチとのトレードとなる。この取引について同会長は、「我々はアルトゥールとの契約を延長したかった。しかし、経済状況が複雑だったんだ。アルトゥールにはほかのクラブから良いオファーがあった。ピアニッチは我々がしばらく追っていた選手だ。バルセロナを離れるという決定は、アルトゥール自身によるものだ。ユベントスは彼にポジションを提供する。それもあるが、彼の給料はイタリアだと3倍だ。それが大きいだろう」と語っている。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加