ウィル・スミス&ジョエル・エドガートン「ブライト2」にルイ・レテリエ監督が交渉中

ウィル・スミス&ジョエル・エドガートン「ブライト2」にルイ・レテリエ監督が交渉中

  • 映画.com
  • 更新日:2020/05/18
No image

ウィル・スミス&ジョエル・エドガートン

グランド・イリュージョン」「トランスポーター」のルイ・レテリエ監督が、Netflixオリジナル映画「ブライト」(2017)の続編のメガホンをオファーされているようだ。米Deadlineによれば、Netflixとレテリエ監督が現在、交渉を進めているという。

スーサイド・スクワッド」のデビッド・エアーが監督、ウィル・スミスジョエル・エドガートンが主演した「ブライト」は、人間を含めたさまざまな種族が共存しているロサンゼルスを舞台にしたアクション大作。人間のウォード(スミス)と、差別を受けている怪物オークのジャコビー(エドガートン)の警察官コンビが、世界の秩序を崩壊しかねない魔法の杖「マジック・ワンド」の存在を知ったことで、壮絶な戦いに巻き込まれていく。

続編もエアーがメガホンをとる予定だったが、米ワーナー・ブラザースの「特攻大作戦」リメイク版の脚本をリライトする作業に追われており、またNetflixのそのほかの作品を抱えていることから、「ブライト」続編を手放したようだ。

続編はスミスとエドガートンが再び主演し、脚本はエアーとエバン・スピリオトポウロスが執筆した草稿を、T・S・ノーリンがリライト。エアー、エリック・ニューマンブライアン・アンケレスがプロデュースする。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
宇垣美里「ああ、これが愛だ」/映画『精神0』
パク・ソジュン、“ロマコメの神”からセロイまで...最旬の韓国俳優に迫る
劇場版「鬼滅の刃」注目ポイントは?今後のアニメに期待
2位広瀬すず!実写化に欠かせない女優TOP10、1位は!?
カトリーヌ・ドヌーヴ最新作「アンティークの祝祭」6・5公開決定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加