藤蔭延長11回サヨナラで4強、V打高倉「おまえが打てと言われた」/大分

藤蔭延長11回サヨナラで4強、V打高倉「おまえが打てと言われた」/大分

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/07/20
No image

延長11回にサヨナラ打を放ち、ガッツポーズする藤蔭・高倉(撮影・只松憲)

<高校野球大分大会:藤蔭3-2大分商>◇20日◇準々決勝◇別大興産スタジアム

18、19年大会の王者・藤蔭が、逆転サヨナラでベスト4に進出した。

1点を追った延長11回。四球と連打で同点に追いつき、最後は無死一、三塁で高倉寛捕手(3年)がサヨナラ打。高倉は「周りからも『お前が打て』と言われてました。最高にうれしかったです」と声を弾ませた。昨年の独自大会を除く“3連覇”を目指し、底力を見せた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加