前園真聖氏「これゲームですよね?」コスタリカ戦予想で熱狂の福田正博氏にドン引き

前園真聖氏「これゲームですよね?」コスタリカ戦予想で熱狂の福田正博氏にドン引き

  • 東スポWEB
  • 更新日:2022/11/25
No image

前園真聖氏

TBS系の情報番組「ひるおび」が25日に放送され、サッカーW杯カタール大会を特集。27日の日本の第2戦・コスタリカ戦をゲームで占った。

番組では優勝候補ドイツ撃破の立役者となったFW浅野拓磨、MF遠藤航、GK権田修一などを紹介。ドイツ戦は押し込まれる時間が続く苦しい戦いを強いられたが、コスタリカ戦では日本がボールを保持して戦う展開になると、元日本代表の福田正博氏、前園真聖氏、本並健治氏が解説した。

ドイツ戦前には「マクセル アクアパーク品川」のコツメカワウソ・たいようが、日本勝利を予想して注目を浴びたが、「ひるおび」ではゲームでコスタリカ戦の勝敗を予想。実況は同局の土井敏之アナ、解説は〝ミスターレッズ〟の福田氏という、実際の試合さながらの本格的布陣で行われた。

日本はドイツ戦と同じメンバーがスタメンに名を連ねると、前半、MF遠藤がボールを奪取してMF鎌田大地へつなぎ、最後はFW伊藤純也のシュートが決まって先制。これに福田氏は「これはね、あり得るね。この形は。主要な選手全部絡んでますからね!」と興奮気味に解説した。

1―0でリードして迎えた後半、日本はドイツ戦でもみせた3バックにシステム変更し、ドイツ戦の後半で出場した5人を一気に投入した。

後半、一時、コスタリカに攻め込まれる場面がくると、福田氏は「ちょっと危ないですよ、落ち着いて落ち着いてぇ~!」と、もはや解説を忘れたガチ応援。さらにGK権田がファインセーブすると、実況の土井アナが「ごんだぁ~‼」と大絶叫する場面もあった。

試合は後半29分、途中出場のFW浅野が追加点を決めて2―0で勝利。この結果に、ゲームであることを忘れて熱すぎる解説をした福田氏は「十分可能性ありますよ。FWの選手は1点取ると乗りますし、浅野選手はそういうタイプだと思うんで期待できると思いますよ!」と興奮しまくり。

しかし、冷静に見ていた前園氏は「これ、ゲームですよね? 僕も感情移入しましたけど…」と、日本代表の先輩でもある福田氏の熱狂ぶりに、若干引き気味だった。

東スポWEB

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加