巨人・原監督が直接指導の小林に打率・230指令「1割じゃダメ」

巨人・原監督が直接指導の小林に打率・230指令「1割じゃダメ」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/02/22
No image

原監督(右)から打撃指導を受ける小林(撮影・西岡正)

「巨人春季キャンプ」(21日、那覇)

原辰徳監督が小林誠司捕手に、打撃について助言を行った。

約10分間、身ぶり手ぶりで伝え、内容について「まあ本人がどう感じているかね。いい感じで、今のところね。ゲームでもあの形でいけばいいでしょうけどね」と話した。打力向上を目指す小林はボールへの入り方、スイング軌道の修正を図っている。

指揮官は「やっぱり彼がマスクをかぶれば安定感はあるしね」と守備力を評価しているが、「(打率)1割台じゃだめだよね。バッティングはね。1割台じゃ。せめて2割3分は打ってほしい。1割台ってのは10の1だもんな」と要求した。

「いつでも気持ちは強い子だからね。やっぱり持っている人間力であったりね、キャッチャーとしての資質の高さというのは、われわれは認めているところだから」と原監督。打力アップが正捕手奪回への課題とした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加