賃貸のドアの鍵を工事不要で簡単に強化する方法

賃貸のドアの鍵を工事不要で簡単に強化する方法

  • ラジオライフ.com
  • 更新日:2022/05/14

持ち家ならカギの増設は自由ですが、賃貸住宅ではドアに穴をあけられませんし、カギの交換も大家の承諾が必要です。古い賃貸物件の中には、いまだにセキュリティレベルの低いカギが使われています。そこでドアに穴あけ加工をせず、簡単に玄関ドアのカギを強化できるグッズを活用しましょう。

【関連記事】防犯対策は空き巣が嫌がる4つのポイントを重視

No image

賃貸のドア鍵を二重ロック化できる

ドアの穴あけや工具の必要なしに、賃貸の玄関ドアを二重ロック化できるのが、日本ロックサービスの「らくらくロック5」です。ピッキングに強いディンプルキーが5本付属します。実勢価格は4,818円です。

取り付け作業は金属フレームをドア枠に挟み、指でネジを回して固定するだけ。賃貸でもドア鍵を二重ロックできます。取り付け時間は5分とかかりません。カギ穴のある黒い部分が、突起物になりドアをロックする仕組みです。

強固な突起物で、ドアを物理的に開けないようにする構造なので、防犯のアピール度も高くなっています。なお、ドアとドア枠のスキ間は3mm以上、ドアの厚さは36~40mmで、ドア枠は65mmまでと取り付けには条件があります。

賃貸のドア鍵でピッキングに弱いU9

ニコスの「鍵穴ロックforホームミニ」は、古い賃貸物件で見かけるピッキングに弱い「U9」などのドア鍵を守るために、カギ穴自体を塞いでしまうアイテムです。開錠は独自機構の専用キーで行うので、こちらも対ピッキング性能が高くなっています。

本体をカギ穴に挿し込むとガッチリとロックされ、引っ張っても抜けません。ロック解除の専用キーを本体上面に押し当てて回すと、本体と専用キーが結合してロック解除される仕組みです。

そのまま、真っすぐに引き抜けば、元のカギ穴が現れます。カギ山の付いたロック本体のサイズはφ27×15Hmm、重さは8gです。実勢価格は2,618円となっています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加