ベンテケがMLSへ...ルーニー監督率いるDCユナイテッドに完全移籍「彼は変化をもたらしてくれる」

ベンテケがMLSへ...ルーニー監督率いるDCユナイテッドに完全移籍「彼は変化をもたらしてくれる」

  • サッカーキング
  • 更新日:2022/08/06
No image

ベンテケがプレミアリーグに別れ [写真]=Getty Images

メジャーリーグ・サッカー(MLS)のDCユナイテッドは5日、クリスタル・パレスからベルギー代表FWクリスティアン・ベンテケを完全移籍で獲得したことを発表した。

プレミアリーグでの経験豊富なストライカーがMLSに新天地を求めた。MLSは春秋制リーグのため、ベンテケはDCユナイテッドと2024年末までの2年半契約を締結。1年間の契約延長オプションも付随しているという。MLSでは各クラブがサラリーキャップ(年俸総額の上限)の範囲外で2名まで選手を登録できる特別指定選手制度が設けられており、ベンテケはその1選手としてクラブに加入することとなる。

ベンテケは1990年12月3日生まれの現在31歳。母国のヘンクでプロキャリアをスタートさせ、その後は国内の複数クラブを渡り歩いた。2012年夏にはアストン・ヴィラへと完全移籍し、プレミアリーグに初挑戦。在籍した3シーズンで公式戦101試合に出場して49ゴールを挙げると、2015年夏にはリヴァプールへとステップアップを果たした。しかし、リヴァプールでは定位置の確保に苦しみ、わずか1年で退団することに。2016年夏から今夏まで所属していたクリスタル・パレスでは、公式戦177試合でピッチに立ち、37ゴールを挙げた。

2021-22シーズンは前半戦こそ主力として活躍したものの、徐々に序列が低下。後半戦はベンチを温める時間が増え、プレミアリーグでは25試合で4ゴール、合計1137分の出場にとどまっていた。ベルギー代表としてはこれまで45試合に出場して18ゴールを記録している。

この夏からDCユナイテッドの指揮官に就任したウェイン・ルーニー監督は、ベンテケの加入について「クリスティアンは長い間最高レベルでプレーしてきたトップ選手だ。彼の経験、そしてゴールへの嗅覚はチームを助けてくれる。彼の能力は非常に貴重なものになるだろう。彼がこのクラブでプレーしてくれることは、チームにとっても私自身にとってもワクワクすることだ。彼は大きな変化をもたらしてくれるだろう」とコメント。自身の現役時代と同様にプレミアリーグで実績を残したストライカーの加入に期待を寄せた。

今シーズン、DCユナイテッドはMLSのイースタン・カンファレンスで22試合を消化し、勝ち点「22」で最下位に沈んでいる。ここからの巻き返しを目指すルーニー監督にとって、ベンテケは心強い戦力となるだろう。

【画像】ベンテケがDCユナイテッドへ完全移籍

⚫️ 𝗕𝗘𝗡𝗧𝗘𝗞𝗘 𝗶𝘀 𝗕𝗹𝗮𝗰𝗸-𝗮𝗻𝗱-𝗥𝗲𝗱 🔴

D.C. United sign Belgian forward @chrisbenteke from Crystal Palace. #DCU || #VamosUnited
— D.C. United (@dcunited)
August 5, 2022
from Twitter

サッカーキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加