磨き方は?専門家に聞いた「ワイングラス」のお手入れ方法

磨き方は?専門家に聞いた「ワイングラス」のお手入れ方法

  • コスモポリタン
  • 更新日:2022/06/24
No image

特別な日やホームパーティの場で愛されるワイン。そんなワインを嗜むときに欠かせないワイングラスは、水垢や指紋が目立ったり割れやすかったりと、お手入れが難しいと感じることも…。

そこで本記事では、専門家に聞いた「ワイングラス」のお手入れ方法をご紹介! 正しい洗い方や磨き方を知って、自宅でも思う存分ワインの味わいを楽しんで。

関連記事:プロが指南!ワインの美味しさを損なわない保存テクニック

監修者

ディーン・デイヴィス
ホーム&ガーデニングサービス「Fantastic Services」のクリーニングのプロ

チャールズ・ミラー
ワイナリー「Vin Fraiche Wine Group」のブランドマネージャー兼ソムリエ

【INDEX 】

ワイングラスの洗い方

食洗機でワイングラスを洗う方法

汚れを落とす方法

曇ったワイングラスをきれいにする方法

ワイングラスの磨き方

ワイングラスの保管方法

ワイングラスの洗い方

ワインを楽しむためにも、グラスはしっかりとお手入れしておきたいところ。ここからは、専門家に聞いた「正しいワイングラスの洗い方」をご紹介していきます。

以下が、全体の手順。それぞれのステップでの気をつけるべき点についても詳しく解説していきます。

ワイングラスを洗う時の手順

グラスの半分にお湯と無香料の食器用洗剤を1~2滴入れる

そのまま少し漬けておく

10~15分ほど経ったら石鹸水を捨てる

布を使ってグラスの外側と縁を重点的に洗う

お湯ですすぐ

清潔で柔らかいタオルの上に置いて乾燥させる

グラス拭き用のクロスで水を拭き取る

洗うときはお湯を使う

ワイングラスをきれいにするためには、お湯を使って手洗いをすることが大切。お湯で洗うことで、飲み残したワインや汚れをしっかり取り除けるそう。

スポンジではなく湿らせた布で洗う

グラスを洗うときは、一般的な食器用スポンジではなく、布を使うのがベスト。

スポンジでワイングラスを洗ってしまうと一般的なグラスはもちろん、特にクリスタルガラスを使用している場合は、グラスを傷つけてしまう可能性があるので要注意。また、グラスの内側はすでに汚れが落ちているので、布で洗う際はグラスの外側と縁を重点的に洗うだけでOK!

ステム(脚)を持って洗うのはNG

ワイングラスのステムは折れやすいので、その部分を持って洗うのはNG。

「グラスが滑り落ちないようにボウル部分をしっかり持って、シンクの低い位置で洗いましょう」

洗剤が残らないようにお湯ですすぎ終わったら、清潔で柔らかいタオルの上に置いて自然乾燥へ。

グラスにニオイを残さないために

また、グラス内にニオイが残らないための工夫も必要。

「ワイングラスまたはデキャンターの洗浄で一番大切なのは、洗い終わった後にニオイが残らないようにすることです。気を付けないと、ワインをグラスに注いで鼻に近づけた際に、洗剤やクロスについたカビのニオイがしてしまいます」

そんな失敗をしないためにも、植物由来で無香料の食器用洗剤を使うのがおすすめです。

さらに、水滴を拭き取る際のクロスも清潔であるかしっかりと確認するのが重要。

「数分間グラスを乾かしたら、グラス拭き用のクロスで拭き取りましょう。レストランのグラスのニオイが気になる場合のほとんどが、汚れたクロスが原因になっているので必ず清潔であることを確認してください」

食洗機でワイングラスを洗う方法

ディーン氏によると、食洗機対応のワイングラスであれば、食洗機で洗うことも可能。ただし、クリスタルガラスでできたワイングラスは、熱で割れてしまう可能性が高いので、食洗機の使用は絶対にNGなのだとか。

「食洗機だけで洗えるワイングラスを探しているなら、ステムが短くて丈夫なグラスを購入するといいでしょう」

No image

食洗機で洗うときに気を付けるべきこと

食洗機でワイングラスを洗う際に気をつけるポイントは、以下の通り。

上段ラックを使用し、短時間かつ穏やかな設定を選ぶ

水温は高すぎないように設定する

乾燥仕上げ剤を使用する
※グラスの曇りや水垢の付着を防いでくれます

グラスの横に十分なスペースを確保する

洗浄が終わったら、食洗機の扉を開けて蒸気を逃す

食洗機が掃除されているか確認する
※カビや嫌なニオイを防ぐためにも、掃除はこまめに行いましょう

汚れを落とす方法

グラスの底に残った汚れは、いつもの洗い方じゃなかなかきれいにできないもの。使用後はすぐに水洗いするのが理想的であるものの、時間をおいてしまった場合は以下の手順に従って洗っていきましょう。

温めた酢に1時間ほど浸す

ボトル用クリーナーでシミをこすり落とす

汚れが落ちにくい場合は、グラスの底に酢とスプーン1杯の重曹を加える

お湯ですすぐ

自然乾燥させ、最後にマイクロファイバークロスで拭く

曇ったワイングラスをきれいにする方法

ディーン氏によると、ワイングラスが曇ってしまう原因は洗浄方法にあり、もし食洗機を使っている場合は、手洗いに変えてみるのも手。

それでも曇りが消えないときは、グラスが軟水によって腐食し修復不可能な状態になっているので、買い替えるのがおすすめ。

No image

ワイングラスの磨き方

他の食器やグラスと同じように、洗浄後は「ワイングラスを磨いていない」なんて人もいるはず。チャールズ氏、ディーン氏ともに、ワイングラスを洗った後は優先的に行うべき作業だと説明。

「ワイングラス専用の高価なマイクロファイバー製クロスが販売されています。このようなクロスで磨くともちろんきれいな仕上がりになりますが、綿の布でもきれいになりますよ」「ワイングラスを磨くときの秘訣は、洗浄後にグラスを1~2分間逆さまにして水滴を落とすこと。しかしこのとき、残った少量の水を使って磨くことが大切なので、完全に乾かさないのもポイントです」(チャールズ氏)

またディーン氏は、磨く前にワイングラスに蒸気をあててみるのもおすすめとのこと。

「沸騰したやかんやポットの上に、ワイングラスを1秒かざします。それから水気がなくなるまで磨けば、驚くほどきれいな仕上がりになります」

No image

さらに、指紋を残さない正しいワイングラスの磨き方は以下の通り。

大き目のクロスで、ボウル部分を包むように片手で持ち、もう片方の手でグラスの内側を磨く…このときにやさしくひねるように磨くことで、水滴や汚れを落とせるそう。

両手を使ってグラスの底を磨く

最後にステムを磨く

ワイングラスの保管方法

ワイングラスは、適切な場所に保管することも重要。ディーン氏によると、正しく保管することでホコリや汚れだけでなく、料理などのニオイからも防げるそう。

なのでワイングラスの保管場所は、コンロやオーブンから離れた、扉付きのキャビネットがベスト!

※この翻訳は抄訳です。
Translation: ARISA ISHIMOTO
VERANDA

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加