567(コロナ)+1で収束願う 番所の棚田にともる金灯籠

567(コロナ)+1で収束願う 番所の棚田にともる金灯籠

  • 西日本新聞
  • 更新日:2020/10/19
No image
No image

金灯籠などの明かりに照らされた棚田

No image

金灯籠に照らされた棚田

「日本の棚田百選」の一つ、熊本県山鹿市菊鹿町の「番所(ばんしょ)の棚田」で18日夕、明かりで棚田を照らすイベントがあった。新型コロナウイルスの影響で中止になった地元の祭りの実行委員会がコロナ収束を願って初企画した。

明かりは、同市の山鹿灯籠まつりで踊り子が頭にのせる金灯籠のほか、小中学生がメッセージを書いた紙明かりや白ちょうちん。金灯籠は高価な和紙工芸だが、実行委の要請を受けて300基が貸し出された。

住民らがあぜ道に並べた明かりは568基。「567(コロナ)足す1で、コロナ禍を乗り越えたい」との思いを込めた。近く動画を配信する。

西日本新聞

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加