ハウス1棟分のイチゴ、サル食害で消える 青森・むつ市

ハウス1棟分のイチゴ、サル食害で消える 青森・むつ市

  • Web東奥|東奥日報社
  • 更新日:2022/06/23
No image

サルが外したとみられる網の部分を確認する阿部代表

青森県むつ市大畑町にある「あべファーム」の夏秋イチゴがサルの食害に遭っているのを22日午前、同ファームの阿部伸義代表(43)が見つけた。ビニールハウス1棟分のイチゴが全て食べられた。同ファームは昨年8月の豪雨でハウス全7棟が冠水し、今月4日から出荷を再開したばかり。阿部さんは「今年は何も起きなければいいと考えてやってきたのでショック」と力を落としていた。

食害に遭ったハウスは道路に最も近い側にあり、網の一部に剥がされた跡があった。阿部代表によると、サルは赤く色づいたイチゴだけを食べており、ハウス内にへたやふんが残っていた。食べられた量は6~7キロ程度とみられる。21日夕には異常なかったという。

22日、連絡を受けた宮下宗一郎市長や市の担当者が現場を訪れ、被害の状況を確認。わなを仕掛けたほか、サルが近づかないよう、同行したモンキードッグのにおいをハウス周辺につけた。今後定期的にパトロールなどを行うという。

取材に対し、阿部代表は「ハウスの弱い部分を壊して侵入されたので、ハウスの強化や電気柵など強い対策を講じていきたい」、宮下市長は「こうした被害が続かないよう、ここで食い止められるようにしたい」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加