巨人継投失敗大逆転負け 高梨満塁被弾、桜井4失点 七、八回に計10失点 マジック7

巨人継投失敗大逆転負け 高梨満塁被弾、桜井4失点 七、八回に計10失点 マジック7

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/19
No image

9回、凡退した丸(8)を横目に肘をついて戦況を見守る巨人・原監督(左)=横浜スタジアム(撮影・高石航平)

「DeNA10-6巨人」(18日、横浜スタジアム)

巨人が大逆転負けを喫した。2位中日が敗れたため、マジックは1つ減の7となった。

初回に吉川尚の自身初の先頭打者本塁打で1点を先制。三回に敵失と田中の適時打で2点を加点。五回には畠のスクイズと吉川尚の適時打でさらに2点。理想的に得点を重ね、六回を終えて5-0とリードしていた。

まさかの展開を迎えたのは七回だった。

六回まで2安打無失点と完封ペースだった先発・畠は七回、無死からロペスの二塁打、ソトの左前打で一、三塁とされ、柴田の適時内野安打で1点を失った。

ここで巨人ベンチは2番手・高梨を投入。これが裏目に出た。伊藤光に適時打を浴び、戸柱に四球を与えて満塁とすると、梶谷に右中間への逆転満塁本塁打を被弾した。スコアボードに「6」が刻まれた。この後、鍵谷、田口とつぎ込んで、長い7回裏が終了した。

八回には5番手・桜井が戸柱に2点三塁打、梶谷に2打席連続となる2ランを浴びて4失点。七、八回の2イニングで10点を失い試合は決まった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加