【米・ラトロワンヌS】昨年のKYオークス馬シーデアーズザデビルがG1・2勝目/海外競馬レース結果

  • netkeiba.com
  • 更新日:2021/05/01

現地時間4月30日、アメリカのチャーチルダウンズ競馬場でG1・ラトロワンヌS(4歳上牝・ダ1700m・7頭立て)が行われた。

道中から最後の直線まで先頭をキープした1番人気シーデアーズザデビル(牝4、F.ジェルー騎手)が、内を突いて伸びてきた3番人気エンヴァウタント(牝4、B.ヘルナンデスJr.騎手)の追撃を振り切り、1馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分42秒69(良)。

シーデアーズザデビル(Shedaresthedevil)は父Daredevil(その父More Than Ready)、母Starship Warpspeed、母の父Congratsという血統。米国のB.コックス厩舎の管理馬。

昨年、新型コロナウイルスの影響で9月に延期して開催されたケンタッキーオークスでG1初制覇。今回のレースでG1・2勝目ををあげた。

ラトロワンヌSはケンタッキーオークスと同日に開催されており(同様に昨年は9月開催)、縁が深い日のG1勝利となった。通算成績は13戦7勝(うち重賞5勝)。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加