さや香「歌ネタ王」優勝 きつねと同点もルールで笑う

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/09/18

歌とネタを組み合わせたお笑いコンテスト「歌ネタ王決定戦2020」が16日、MBSテレビで生放送され、さや香が優勝。賞金300万円を獲得した。

アイロンヘッドら8組に敗者復活組のジャングルポケットを加えた9組の争い。3組で競う最終決戦には、さや香(462点)、うしろシティ(461点)、きつね(461点)が1点差の激戦で進出。最終決戦は、さや香、きつねが同点となり、決勝の得点上位者が勝利というルールでさや香に軍配が上がった。

「やった~」と喜んださや香は、ダンス部の大会で大事なCDを忘れた新山が、別のCDをかき集め、それに合わせて石井が踊るとピッタリはまるというネタ。決勝、最終決戦ともに同じシチュエーションで押し切った。

ファイナリストは、きつね(ホリプロコム)、さや香(吉本興業)、アイロンヘッド(吉本興業)、うしろシティ(松竹芸能)、SAKURAI(ソニー・ミュージックアーティスツ)、五次元のシャボン玉(吉本興業)、お見送り芸人しんいち(グレープカンパニー)、こがけん(吉本興業)、敗者復活から勝ち上がったジャングルポケット(吉本興業)。

過去の優勝者は2013年・すち子&真也、14年・手賀沼ジュン、15年・中山功太、COWCOW(同点優勝)、16年・かまいたち、17年・藤崎マーケット、18年・メンバー、19年・ラニーノーズ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加