びりびりのカツオ、こたつで水ようかん、黄緑色の梨、一度食べてみたいご当地グルメ3選

びりびりのカツオ、こたつで水ようかん、黄緑色の梨、一度食べてみたいご当地グルメ3選

  • @DIME
  • 更新日:2022/01/15
No image

@DIMEから一度食べてみたいご当地グルメを厳選して紹介します。

一度食べてみたいご当地グルメ

一度は味わいたい「びりびりのカツオ」高知で食べるカツオが旨いのには理由があった

No image

うまいカツオを食いたきゃ高知に行け!  よく聞く言葉である。では、なぜ高知なのか? 高知でも指折りのカツオ一本釣りの町、中土佐町久礼の識者たちに、あらためて理由を聞いてみた。

【参考】https://dime.jp/genre/460173/

なぜ「こたつで水ようかん」は福井の冬の風物詩なのか?

水ようかんといえば、夏の暑い時期につるりと食べるのに最適な和菓子である。しかしある地域では、水ようかんは寒い時期、こたつでぬくぬくとしながら食べる冬の風物詩であるという。そんな慣習があるのは福井県。しかもその水ようかんには約200種類もあるという。 この不思議な慣習について、福井アンテナショップに話を聞いた。

【参考】https://dime.jp/genre/504642/

二十世紀梨の生産日本一!鳥取県にある日本で唯一の梨のテーマパークに行ってみた

No image

いきなりですが、秋の味覚のひとつ、梨を思い浮かべてください。  さて、それは何色の梨でしょうか。茶色系、それとも黄緑色?きっとほとんどの方は茶色系を思い浮かべたことでしょう。理由は簡単、日本に流通している梨のほとんどが、この赤梨と呼ばれる茶色系だから。幸水(こうすい)や豊水(ほうすい)などの品種が代表的なものになります。

【参考】https://dime.jp/genre/586649/

構成/DIME編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加