ロペス 相手棄権で初戦突破

  • tennis365
  • 更新日:2021/07/20

フェリシアーノ・ロペス : 画像提供 ゲッティ イメージズ

男子テニスのスイス・ オープン・グシュタード(スイス/グシュタード、レッドクレー、ATP250)は19日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク162位のM・アンドレア・ヒュースラー(スイス)は、4-6, 6-4, 5-6の時点で左足のつま先のけがにより途中棄権。その結果、第8シードのF・ロペス(スペイン)が初戦突破を果たした。

39歳のロペスはこの試合、ファーストサービスが入ったときに76パーセントの確率でポイントを獲得。リターンゲームでは3度のブレークに成功し、2時間6分で2回戦へ進出した。

勝利したロペスは2回戦で世界ランク96位のM・イメル(スウェーデン)と対戦する。イメルは1回戦で同180位のE・クァコ(フランス)を逆転で下しての勝ち上がり。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加