元モー娘。新垣里沙、所属事務所との契約終了「1人になって挑戦をやめず、頑張りたい」

元モー娘。新垣里沙、所属事務所との契約終了「1人になって挑戦をやめず、頑張りたい」

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2020/08/03
No image

新垣里沙

元モーニング娘。で女優の新垣里沙(31)が、7月31日をもって所属事務所「ジェイピィールーム」との専属マネージメント契約が終了したことが8月1日、明らかになった。

【コメント全文】元モー娘。新垣里沙「数年かけ、じっくり考え…」

同社の公式サイトでは「この度、弊社は2020年7月31日をもって新垣里沙との専属マネージメント契約が終了となりました」と報告。「2001年のオーディション合格よりモーニング娘。のメンバーとして加入して以来、約20年間アップフロントグループに在籍し活動してまいりましたが、今後の活動に関して本人と話し合いを重ねた結果、弊社との専属マネージメント契約を円満に終了する結論へと至りました」と経緯をつづった。

新垣も自身のブログを更新し「この度、私、新垣里沙は2020年7月31日付で ジェイピィールーム株式会社を退社致しました」と報告。その理由について「20年間芸能活動をしていく中で、モーニング娘。という大好きなグループに加入して、走り続けた10年間。そしてソロ活動を始めてからは、役者として走り続けた10年間。芸能という道を走り続けている中で、30歳を過ぎたころ、自分の中でこれからの自分の在り方、生き方を考えるようになりました」と胸中を明かした。

その中で「1人になって挑戦をやめず、頑張りたい」という気持ちが芽生えるようになったといい、「数年かけ、じっくり考え、意志が固まった時に事務所の方にお話させていただき、このような運びとなりました。私が右も左も分からない12歳の頃から20年間、事務所の方達はいつでも親身になって話を聞き、常にいい方向へと向かえるように沢山支えてくれました。お世話になったこの20年は感謝の気持ちしかありません」と伝えた。

続けて「モーニング娘。という素敵すぎるグループに出会わせてくださったつんく♂さん。活動を共にした、先輩、同期、後輩メンバーのみんな。貴重な経験と想い出を沢山、沢山、ありがとうございました!!」と感謝を記し、「これからは、この経験と想いを胸に、つんく♂さんにも、メンバーの皆さんにも、『おっ。新垣やってるねー!いいねー!!』と思っていただけるような活動ができるよう精進してまいります」ともつづった。

ファンに向けても「20年間ずっと応援してくださったファンの皆様。いつもいつも本当にありがとうございます。皆さんがいてくれたから、私はここまでやってこれました」と感謝し「これからも、皆さんをワクワクさせられるような、活動をしていきたいと思っていますので、これからもどうぞよろしくおねがい致しま!!!
新たなる人生も色々あると思いますが、楽しんで、未来に向かって、また、今日から走り出します!!」と意気込んでいる。

新垣は2001年にモーニング娘。の5期メンバーとして加入し、7代目リーダーやハロー!プロジェクトの3代目リーダーを歴任。2012年5月にグループとハロプロを卒業し、現在の事務所には2012年10月から所属していた。私生活では2016年7月に俳優の小谷嘉一と結婚。2018年1月に自身のブログで離婚したことを発表していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加