HOWL BE QUIET、新レーベル「APARTMENT」設立。100回嘔吐が参加した新曲配信&MV公開も決定

HOWL BE QUIET、新レーベル「APARTMENT」設立。100回嘔吐が参加した新曲配信&MV公開も決定

  • BARKS
  • 更新日:2021/02/22
No image

HOWL BE QUIETが新レーベル「APARTMENT」を設立し、新曲「ベストフレンド」を3月1日(月)にデジタル先行配信、およびミュージックビデオ公開することが明らかになった。

昨年2020年には「ラブフェチ」がTikTokでブームを巻き起こしたHOWL BE QUIET。新曲「ベストフレンド」は届かない相手への報われない恋をテーマにフロントマンである竹縄航太が書き下ろした胸詰まる片想いソングとなっている。

アレンジには「ずっと真夜中でいいのに。」「和ぬか」などの楽曲アレンジでも活躍中の100回嘔吐が参加。アートワークは気鋭のイラストレーターMOMOが担当した。届かない想いを綴った歌詞と切なくも暖かみのあるアレンジがギャップを生み出し、アートワークからもその報われない恋模様が絶妙に表現され、また新たなHOWL BE QUIETの一面を引き出す作品に仕上がっている。

そして、2月23日(火)にはFM802 DJ落合健太郎の『ROCK KIDS 802 -OCHIKEN Goes ON!!-』内にてフル尺ラジオ初オンエアが決定している。

それと同時に新規レーベル「APARTMENT」とHOWL BE QUIETの新規ロゴも公開。新局面を迎えるHOWL BE QUIETの新曲「ベストフレンド」をお楽しみに。

◆   ◆   ◆

■竹縄航太(Vo / Gt / Piano)コメント
バンドを結成して10周年。そのタイミングでの新型コロナウイルス。
ぶつけようのない悔しさなどを噛み締めながら、その反面、新しい出会いへの喜び。そして自分たちが築いてきた音楽、人との繋がりを深く痛感した1年でもありました。メンバーやスタッフとも何度話をしたでしょうか。ただ、数えきれない話の中、いつも変わらず残った感情。
“自分達がやりたいこと、歌いたいこと。こんな時代だからこそ、たかが一瞬、されどその一瞬を突き詰め、届けていきたい”
そんな思いから、新しいレーベルを立ち上げることに決めました。

「APARTMENT」というレーベル名には、自分達の音楽を聴いてもらえる「寄りどころ」。
そして、そこには音楽を通してたくさんの人に休んだり、楽しんだり、時には泣いたり
心の片隅でも、帰ってこれる場所として住んでもらえるように、という願いを込めています。

3月1日。新レーベル「APARTMENT」第一弾。
「ベストフレンド」

迷える片想いの人に届きますように。

◆   ◆   ◆

No image

■Digital Single「ベストフレンド」
2021年3月1日 配信スタート
https://lnk.to/HBQ_bestfriend

■「ベストフレンド」ラジオ初オンエア情報
2月23日(火) 21:00-23:48
FM802『ROCK KIDS -802 OCHIKEN Goes ON!!-』
https://funky802.com/rockkids/

関連リンク

◆HOWL BE QUIET オフィシャルサイト

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加