王林&ジョナゴールド、さまぁ~ずとリンゴ論争!「青リンゴという品種はありません」

  • RBB TODAY
  • 更新日:2021/05/04

青森のアイドルグループ「りんご娘」の王林とジョナゴールドが、3日放送の『さまぁ~ず論』(テレビ朝日系)に出演。さまぁ~ずと、リンゴをめぐって白熱した議論を繰り広げた。

リンゴの品種をメンバーの名前にしている「りんご娘」。リーダーの王林は、まさに「王林」という品種から採っているが、この品種は一般的な赤いリンゴとは違い、緑色。これに東京出身のさまぁ~ずが、「青リンゴだ!」というと、「青森には青リンゴはありません!そういうことを言い始めた人はいましたけど」とピシャリ。つまり、リンゴを色で区別することはないと断じた。

また青森では「リンゴ」と“大ぐくり”では言わず、きちんと品種名で、「とき」「王林」などと言い分けるそうで、「ときが食べたい」「王林が食べたい」というのだとか。

ここで実際、品種の王林とジョナゴールドを食べ比べることに。すると、ジョナゴールドが一般的なイメージの赤色であることから、平成ノブシコブシ吉村崇が、「ジョナゴールドが一般的に言ったら有名?」と質問。するとメンバーの王林は「違います!」と立ち上がり、リンゴに有名な品種もないと憤った。

最終的に食べた結果、ジョナゴールドは洋ナシのような味わいである一方、王林の味について吉村は「これがリンゴだ!」と感激。さらに大竹一樹は「食べてよかった。王林がこんなに甘いなんて知らなかった」と驚き。

メンバーのジョナゴールドは「それぞれの好みに合わせて選べるぐらいの知識を持ってほしい」としながら、「ここにいる人には伝えられたので満足」と笑顔。だがリーダーの王林は「でもリンゴはこれだけじゃない。もっとあるんです」訴え、さまぁ~ずと吉村に「2つで知ったと言わないでほしい」と不満爆発だった。

杉山実

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加