福井・滋賀など“記録的大雨” 土砂崩れでトンネル立ち往生 駅・道路も冠水

福井・滋賀など“記録的大雨” 土砂崩れでトンネル立ち往生 駅・道路も冠水

  • FNNプライムオンライン
  • 更新日:2022/08/05
No image

5日も、前線や上空の寒気の影響で、北陸や近畿を中心に、発達した雨雲が流れ込み、各地で記録的な大雨となった。

福井・南越前町で起きた、土砂崩れの映像。

トンネルの出口にまで土砂が流れ着き、トラックなど、数台の車が立ち往生している。

撮影した人によると、トンネルから脱出するのに6時間かかったという。

正午過ぎの岡山市内の映像では、滝のような激しい雨が、横殴りに降っているのがわかる。

局地的な激しい雨により、道路は、瞬く間に冠水した。

濁流が歩道などにあふれ出していたのは、滋賀・長浜市を流れる高時川。

午前9時過ぎ、高時川の上流付近で氾濫した。

長浜市付近では、午前6時半までの1時間に90mmの猛烈な雨が降ったとみられ、記録的短時間大雨情報が発表された。

同じように記録的短時間大雨情報が出された、5日朝の福井・南越前町。

1時間に、およそ80mmの猛烈な雨が降った。

勢いよく水が流れ出したその先では、線路が冠水。

この4時間後、同じ場所では、水につかったエリアが広がり、冠水被害が拡大していた。

激しい雨は降り続き、町は、広い範囲が濁流にのみ込まれ、道路はまるで川に。

冠水した踏切付近では、天井まで水没した車や、横転している車なども見られた。

5日夜も、西日本や東海を中心に、活発な雨雲がかかる見込みで、局地的に、滝のような非常に激しい雨や雷のおそれがある。

すでに災害が発生しているところでは、土砂災害や川の氾濫などの2次災害に、厳重な警戒が必要。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加