「一生の思い出やろうな」鷹・松田宣がグータッチを交わした“意外な相手”にファン嫉妬

「一生の思い出やろうな」鷹・松田宣がグータッチを交わした“意外な相手”にファン嫉妬

  • フルカウント
  • 更新日:2020/09/17
No image

ソフトバンク・松田宣浩がグータッチした相手は…?【画像:パーソル パ・リーグTV】

気迫あふれる37歳ベテラン、右中間を深々破る打球放ち全力疾走

■ソフトバンク 5-4 日本ハム(16日・札幌ドーム)

ソフトバンクの松田宣浩内野手が16日、敵地・札幌ドームでの日本ハム戦で、絶叫の三塁打を放った。37歳のベテランは、声を張り上げながら全力疾走。三塁ベースに滑り込むと、意外な相手とグータッチを交わした姿にファンは羨ましがった。

「8番・三塁」でスタメン出場の松田宣は2回1死、日本ハム先発の杉浦のフォークをとらえた。打球が右中間を深々と破るのを確認するや、さらにスピードを上げ、叫び声も上げながら三塁まで到達。ベンチに軽く手をあげて応えた後、外した防具を回収しに近寄ってきたボールボーイとなぜかグータッチを交わした。

気迫あふれるベテランの一打を「パーソル パ・リーグTV」のYouTubeチャンネルでは「【おりゃ?!!!】松田宣浩『熱熱絶叫スリーベース』で意外な人とグータッチ」と題して動画で公開。ファンからは「大激走の熱男でした」「熱男は頼りになるよ」「こういうの見るとまだまだ若いよなって思う」と称える声がある一方で「防具回収の人羨ましいな」「この子にとっては一生の思い出やろうなあ」と羨む声も多かった。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加