「気象予報はチーム戦」を実感する百音/おかえりモネ23日あらすじ

「気象予報はチーム戦」を実感する百音/おかえりモネ23日あらすじ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/07/22
No image

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」でヒロインを務める清原果耶(撮影・江口和貴)

清原果耶(19)がヒロインを演じるNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」(月~土曜午前8時)。天気予報の可能性と魅力を知り、気象予報士となった「モネ」こと永浦百音の成長を描きます。

気象予報士の資格を取った百音(清原果耶)は、晴れて上京する。気象情報会社の面接を前に下見で会社を訪れると、突然、気象予報士の野坂(森田望智)にテレビ局へと連れていかれる。そこで待ち構えていた朝岡(西島秀俊)は、夜のニュースの気象コーナーを野坂や若手予報士の莉子(今田美桜)に任せていなくなってしまう。急きょ気象コーナーを手伝うことになった百音は、戸惑いながらも報道気象の世界に飛び込んでいく。

百音は、社長の安西(井上順)から渡されていたパペットを駆使し、莉子と連携して仙台の強風の情報を伝えた。時を同じくして、仙台市に暴風警報が発令される。朝岡の指揮のもと、危険をいち早く伝えることができ、百音は「気象予報はチーム戦」だということを実感する。そして、自社キャラクターのパペットが活躍して喜ぶ社長から、あることが百音に伝えられる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加