新型コロナ新たに35人 県の無料検査7月末まで延長

新型コロナ新たに35人 県の無料検査7月末まで延長

  • ABS秋田放送
  • 更新日:2022/06/23
No image

県内では23日、新たに35人の新型コロナウイルスへの感染が発表されました。

県内では23日、新たに35人の新型コロナウイルスへの感染が発表されました。

感染者の発表数は減少傾向にありますが、県は症状がない人向けの無料の検査が1週間に1000件以上行われていることなどから、7月末まで期間を延長することを決めました。

23日は先週木曜日より24人少ない35人で、前の週の同じ曜日を下回るのは9日連続となりました。

保健所別で最も多かったのは秋田中央で10人、次いで秋田市で9人、大館と横手で6人などとなっています。

新たなクラスターの発表はありませんでした。

22日時点の感染者数は529人で、このうち23人が新型コロナ専用病床に入院しています。

病床使用率は8.0%です。

感染者の発表数は減少傾向が続いていますが、県は症状がないものの感染に不安がある県民を対象にした無料の検査を7月末まで延長することを決めました。

6月に入ってからも1週間あたり1000人から1500人が検査を受けていることなどから決めたということです。

無料検査の実施場所は県内に104か所あって、県のホームページで確認できます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加