【台風15号】気象予報士解説 東海地方へ最も接近するのは23日遅くから24日明け方

【台風15号】気象予報士解説 東海地方へ最も接近するのは23日遅くから24日明け方

  • CBC news
  • 更新日:2022/09/23

23日発生した台風15号は、東海地方にかなり接近する恐れがあります。

中心の気圧は1000ヘクトパスカル、23日9時現在では高知県の南、室戸岬の南の海上に中心があるものとみられます。

このあとは北上を続けて、23日午後9時には紀伊半島の南まで達して、進路を東寄りへと変える見込みです。

【写真を見る】【台風15号】気象予報士解説 東海地方へ最も接近するのは23日遅くから24日明け方

東海地方に最も近づくのは、23日遅くから24日明け方にかけての見通しです。

ただ今回の台風15号は、中心の気圧が1000ヘクトパスカル前後と著しく発達する予報ではないものの、大雨には注意が必要になってきそうです。というのも、台風の北側に雨雲が固まっていまして、23日の日中のうちから雨足が強まるところが出てきそうです。

雨雲の様子を見てみましょう。各地で雨足が強まっています。特に三重県の南部では南よりの風と東寄りの風がぶつかって、激しい雨の降っているところが出てきています。

このあとの雨と風の予想です。23日正午から時間を進めてみると、台風の北上にともなって、周辺の湿った空気の流れ込みが強まって、大気の状態が非常に不安定です。あちらこちらで激しい雨の降る恐れがあります。

23日午後9時になると、紀伊半島の南まで台風が北上してくる見通しで、もしかすると上陸する可能性も出てきています。

さらにこのあと、台風は東海道沖を東寄りへと進む見通しで、24日の午前中にかけては、車の運転が危険になるぐらいの、非常に激しい雨が降る恐れが出てきています。

予想されている雨の降る量は、多いところで24日の正午までで、三重県で200ミリ、愛知県で150ミリ、岐阜県で120ミリなど大雨が予想されています。 土砂災害に警戒してください。

24日午前にかけては非常に激しい雨が降り、 雨の量が多くなる見通しです。急な斜面や山には近づかないようにしてください。

24日台風が過ぎ去ったあとは、晴れ間が戻り、24日、25日の最高気温は30℃前後と汗ばむ暑さが戻ってきそうです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加