Apple、プログラミング教材をアップデート〜教師のフィードバックを反映

Apple、プログラミング教材をアップデート〜教師のフィードバックを反映

  • iPhone Mania
  • 更新日:2020/07/13
No image

Appleは、7日9日付けでプログラミング教材「Develop in Swift」と「Everyone Can Code」がアップデートされたと発表しました。前者は、高等学校以上の生徒と教師を対象としたSwiftとXcodeの両方が学べるプログラムで、後者は、小学生から中学校までの生徒にプログラミングの世界を紹介することを目的としています。

日本語版は2020年内のリリース予定

Develop in Swiftプログラムは、教師のフィードバックをもとに学習スタイルに完全に合うよう再設計されました。

No image

新しいシリーズは、本日より利用できる「Develop in Swift Explorations」「Develop in Swift AP CS Principles」「Develop in Swift Fundamentals」の3冊と、今秋リリース予定の「Develop in Swift Data Collections」の全4冊の構成になっています。なお、日本語版は2020年内のリリースが予定されています。

また、教師が無料で利用できるDevelop in Swiftのプロフェッショナルラーニングコースも新たに開設されました。教える人のスキルレベルに関わらず、Swiftを使ったアプリケーション開発を教えるための基本的な知識を得ることができます。

「Everyone Can Code冒険」が追加

Appleは、Everyone Can Codeプログラムの新たな教材も同時にリリースしています。「Everyone Can Codeパズル」を修了した生徒向けの教材である、「Everyone Can Code冒険」が追加されました。

No image

「生徒たちはSwift Playgroundsを使って、より高度なレッスンに楽しみながら取り組むことで、アプリケーション開発で使用される重要なプログラミングの概念を学ぶことができる」とAppleはコメントしています。なお、日本語版のリリースは2020年内に行う予定であるとのことです。

Appleのマーケティング、アプリケーションおよびサービス担当バイスプレジデント、スーザン·プレスコット氏は、上記の2つのプログラミング教材のアップデートについて以下のように述べています。

Appleは40年に渡り、教師のみなさんと共に歩んできました。Develop in SwiftとEveryone Can Codeが教師のみなさんと生徒のコミュニティにどれほどの影響を与えてきたかを考えると、特に誇らしく思います。

私たちは、コミュニティカレッジで学生たちが自分たちのキャンパス向けにフードセキュリティのアプリケーションを開発したり、中学校の教師たちが夏期休暇の間にバーチャルプログラミングクラブを主催したりするのを見てきました。

コンピュータサイエンス教育をもっと手の届きやすいものにするためのAppleの取り組みの一環として、新しいプロフェッショナルラーニングコースが追加されたことを非常に喜ばしく思っています。このコースは、これまでの経験に関係なくより多くの教師のみなさんがプログラミングを学び、次世代のデベロッパやデザイナーを教える助けとなるでしょう。

Source:Apple
(lexi)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加