「新鮮な野菜が食べられる!」 南極観測船「しらせ」 久々の陸地目視で船員歓喜

「新鮮な野菜が食べられる!」 南極観測船「しらせ」 久々の陸地目視で船員歓喜

  • テレ朝news
  • 更新日:2022/11/26
No image

動画を見る(元記事へ)

南極観測船「しらせ」で取材を続けている吉田遥ディレクターの報告です。

(テレビ朝日南極取材班・吉田遥ディレクター)
私たちは25日朝、オーストラリア西部のフリマントル沖およそ6キロのところに停泊しました。

すぐそばに街並みが見えるのですが、コロナ対策が最優先ということで上陸することができません。

とは言っても久しぶりに陸地を見たと歓声を上げる隊員やインターネットを使って家族と連絡を取り合う隊員もいました。

私も中継前に家族に連絡をしました。

オーストラリア沖にはおよそ1週間停泊し、また新たに食料の搭載などが行われます。

「久しぶりに新鮮な野菜が食べられる」と楽しみにしている人もいます。

(Q.この2週間はどのような旅だったか?)
思った以上に快適な船旅でした。

これまで非常に順調な旅が続いています。

例年では赤道を通過したあたりから海が荒れ、船酔いになる人もいるそうですが、今年は穏やかな海が続いています。

とはいっても単調になりがちな船旅ですが、隊員の中にはお気に入りの本を読んだり、甲板でランニングをする人もいます。

一方で南極での観測に向けた準備も本格化しています。

あちらに見える海上自衛隊のヘリコプターを使い現地での物資の輸送や観測が行われます。

研究者の皆さんは「しらせ」の船上でも研究に向けた準備を着々と進めています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加