まるで井上尚弥の左フック!?人気爆発!すき家の「ニンニクの芽牛丼」を初めて食べた結果......

まるで井上尚弥の左フック!?人気爆発!すき家の「ニンニクの芽牛丼」を初めて食べた結果......

  • マイナビニュース
  • 更新日:2022/06/23
No image

すでにネットで大きな話題となっているが、今年もすき家から「ニンニクの芽牛丼」が登場した。ニンニクの芽牛丼といえば、毎年夏に発売される大人気の期間限定メニュー。毎年心待ちにしているファンからすれば、ニンニクの芽牛丼の販売スタート=夏到来の合図であり、裏を返せば、これがなければ夏は始まらない……らしい。

丸亀製麺が“うどん用のからあげ”を開発!? かしわ天と何が違うのか、実際に食べ比べたら……

んっ?らしい? “らしい”って何だよ。

そう思わせてしまったかもしれないが、何を隠そう、これだけ知ったかぶりをしておきながら、実はまだ筆者はニンニクの芽牛丼を口にしたことがない。本当に恥ずかしいことだが、なぜニンニクの芽牛丼の登場がこんなに大騒ぎになっているのか、正直わかっていないのだ。

ってゆうか、そんなに美味しいの?そもそも、すき家なんてどの牛丼も美味しいじゃん。それでも、ニンニクの芽牛丼は特別だと言うのだろうか。

そんな素朴な素人の疑問を晴らすべく、発売日の午前のうちにすき家へと向かい、ひっそりニンニクの芽牛丼デビューを果たしてみた。

そして実際に食べてみたところ……!!!!
○ニンニクの芽牛丼は井上尚弥チャンピオンのパンチ級

ニンニクの芽牛丼の発売初日、さっそくすき家へ向かったところ……おお、やってるやってる。遠目にもゴリゴリに推しているのがよくわかる。

そもそも、ニンニクの芽って、そんなに食べる機会がないような……。もちろん食べたことはあるけど、どんな料理に入っていたか、まったく思い浮かんでくるものがない。中華の炒めものとかに入っていたのかな。う〜ん……いずれにしても、知名度の割には代表的な料理が追いつかない、稀有な野菜なのかもしれない。

いや、むしろ、そういう意味では、すき家のニンニクの芽牛丼こそが日本におけるニンニクの芽の代表料理なのかもしれない。ゴクッ……やっぱり、相当美味いのか?

ということでさっそくタッチパネルで注文。えーっと、これか。

なるほどね、「ニンニクの芽牛丼」と「ダブルニンニク牛丼」があるのか。ではまず、普通のニンニクの芽牛丼から食べてみるとしよう。ポチッと。

そうして運ばれてきたのがコチラ。

ほう、これはこれはなかなかの迫力。ニンニクの芽が惜しみなく乗せられている。なるほど、これを食べなければ夏が始まらないと豪語するファンがいるとかいないとか言われる理由が少し垣間見えた気がする。

ではまず、このニンニクの芽の部分だけを食べてみよう。いただきます!!

ジャクジャクジャクジャク……すごい歯ごたえだな。ジャクジャクジャク……おおっ?ジャクジャク……こっ、これは……!強い!パンチが強い!

まるでフィリピンのレジェンドボクサーを無慈悲に粉砕した井上尚弥チャンピオンの左フックである。これは決して言い過ぎではない。ニンニクの芽そのものの風味も強烈だが、ニンニクの芽が刻みニンニクを大量にまとっており、すべての角度からニンニクのパンチが雨のように降ってくるのである。その死角のなさもまさに井上尚弥。そして辛味もピリリと効いていて、これがなんとも癖になる。

その場で調べたところ、ニンニクの芽はラー油と唐辛子をベースとした刻みニンニクたっぷりの"すき家特製旨辛だれ"で和えられているらしい。ラー油と唐辛子と刻みニンニクって……そりゃあ癖にもなるわ。最強にライスが進むメンツではないか。

続いて牛丼と合わせて食べてみたところ……

めっちゃくちゃ合うな……。安定感のあるすき家の牛丼に、ニンニクの芽のジャクジャク感と味付けのジャンク感が加わって、もはや口にかき込む手が止まらない。美味い、美味いぞこれは。

多分、今日は誰にも会ってはいけない。それほど口の中はニンニク臭に侵されているはずだ。もちろん、それ相応の罪悪感もある。それでも止められない、むしろ、30度近い夏日だというのに食べれば食べるほど食欲が湧いてくる。美味い!

ちなみに、ニンニクは疲労回復や滋養強壮に効果的だと言われており、夏バテする時期にはもってこい。ニンニクの芽はビタミンCもたっぷりで、免疫力を高め、美肌対策にも効果を発揮するという。コロナ禍の夏にピッタリじゃないか!

ニンニクの芽牛丼をあっさりと平らげてしまい、このままの勢いで「ダブルニンニク牛丼」も追加注文。うわっ、当たり前だけど、さっきよりヤバそうなのがきた!

実際に食べてみると、ニンニク臭の凄みはさらに倍増。粒で乗せられたフライドガーリックはホックホクで、香ばしさも手伝ってとても奥深い味わいをもたらしている。

う〜ん、これは要るなぁ。フライドガーリックはマストで要るなぁ。一度味わってしまうと、次回以降はノーマルタイプのニンニクの芽牛丼には戻れないかもなぁ。

そして最後に、この「トリプルニンニク牛丼」もご紹介しよう。

タッチパネルでは見つけられなかったのだが、ダブルニンニク牛丼に「ガリガリファイヤー」を追加トッピングした牛丼のことで、今回はダブルニンニク牛丼にサイド単品メニューからガリガリファイヤーを追加注文して振りかけてみた。ガリガリファイヤーとは、ガーリックと唐辛子を合わせた特製フレークである。

一口食べてみたところ……ああ、ニンニクのオーケストラだ!ニンニクの芽、すき家特製旨辛だれの刻みニンニク、フライドガーリック、そしてガリガリファイヤー。ニンニクの四重奏はもはやジャンクフード好きを骨抜きにするだけの破壊力がある。もはや虜以外の何でもない。「今日は絶対に誰にも合わない(会えない)」という罪悪感、背徳感も、一周回って最高のスパイスである。

美味しい……楽しい……辛い……熱い!

こうしてニンニクの芽牛丼を食らった筆者は、案の定こう思った。「これがなければ夏は始まらない」と。8月中旬まで販売される予定らしいので、できるだけたくさん食べて、夏バテをこの左フックで吹き飛ばす所存である。

猿川佑

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加